THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 12日

T.P. Millsパターの証明書

a0093304_1551334.jpg


T.P. Millsパターについてきた保証書です。ポートフォリオ風の表紙には
「T.P.M. HANDMADE PUTTER」「HANDMADE BY T.P.MILLS」と入っています。


a0093304_15562515.jpg




a0093304_15565158.jpg


左側がT.P. Millsさんから日本のユーザーに宛てた挨拶文のようです。
ここでも「オリジナルのハンドメイド」である点が強調されています。さらには
「リミテッドエディション」だという事にも言及しています。
T.P. Millsさんの名前はあまりに有名なので「ティー・ピー・ミルズ」という記号の
ように認識されています。私もT.P.のTがTruettという名前のイニシャルだという事は
知りませんでした。



a0093304_1613360.jpg


右側は日本語の保証書になっています。輸入元であるスポルディングジャパンの名前で
発行されています。このあたりがしつこいほどに「HANDMADE」が強調された理由
かもしれません。 T.P.M.といえば当時スポルディングが販売していた「Spalding
TPM designed by T.P. Mills」の一連のパターがむしろ有名です。TPMの後ろに
1.6.9...といった数字がついていてそれぞれ形状の異なるモデルが存在していた、
いわば「量産品」です。と言っても非常に完成度の高いパターで、決して「多かろう
悪かろう」ではありません。


a0093304_1613284.jpg


T.P.M. 9です。ガンブルーでも、ハンドグラインドでもありませんが、出来の良いパターです。

とは言え、ハンドメイドのパターはそれらとは一線を画したい、という事情もよく理解出来ます。
この保証書はたぶん、T.P. Millsさん側の意向というより、日本側の意向を反映して
出来たものだと思われます。今となっては推測の域を出ませんが。

ちなみにこの保証書のついたパターはむかし父がスポルディングさんがらみのコンペの
商品でゲットしてきたものだったと記憶しています。上位のみなさんがチタンドライバーや
キャディバッグを次々と選んで持って行く中、なぜか誰の目にも触れずに残っていたそうで、
「あ、私これにします」と父が告げたところ司会者さんが「実は本日の最高値賞品で
ございます」と言ったそうです。。。確かにドラやバッグの「大きいつづら」のほうに
人は目がいきますものね。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-11-12 16:20 | CLASSIC BLADES


<< 再びデジタル化への遠い道 〜ピ...      I/C ANSER BeCu L/H >>