人気ブログランキング |

THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 17日

ヘッドを見る

人間の目というのは、実に精密に出来ている反面、けっこう錯覚を起こしやすいそうです。
パターのヘッドを作る時でも、100%真っ直ぐにキチっと作ったものがなんか歪んで見える、
というのも錯覚のなせるわざです。


a0093304_1933792.jpg


人一倍騙されやすい眼を持っている私がよく使う紙です。
プロのパター職人さんや組み立ての人は滑らない硬質ゴムとかでちゃんとしたのを作って
いる人も多いのですが、別に物作りをしようという訳では無いので私はこんな簡単な紙で
十分間に合ってます。 これなら汚れてもなくしてもいくらでも作れますし。
(この紙は写真撮る直前に新たに作りました。不器用な私でも5分はかからないです)


a0093304_1916594.jpg


90度に直行する直線を何本も引くほど器用では無い私は方眼ノートを使います。
本当は1ミリ方眼紙でも使うと少しはもっともらしいのでしょうが、視力に自信が無いので
ある程度大雑把な方眼のほうがかえって助かります。何せ天下の「ジャポニカ」なんで
間違いもないでしょう。
一枚ベリッと破って適当に線を引き、半径約21ミリの円をコンパスでクルっと(これが
不器用な私にはかなり難易度高いです)描けば出来上がりです。線の位置や種類は
その時の用途やヘッドの大きさを見て決めてます。


a0093304_19184120.jpg


見るのは主にヘッドの各ラインやネックの見え方


a0093304_19195893.jpg


サイトラインがちゃんと機能するかどうか、など。
オフセットとオンセットの見え方の違いなんかも結構判ります。


a0093304_1922975.jpg


ボケまくってますが、グリップの入りを見る時には不可欠です。自分でグリップを
交換する際などは眼だけに頼らずこの紙を併用します。室内でバッチリ合わせた筈が
グリーンでみたらありゃりゃ・・・な事がよくあるので。(私だけかもしれません)



a0093304_1924794.jpg


ジャポニカ君、ヘッドのフェース形状のトレースなんかも出来ます。コンマ単位の
誤差は出まくりますが、特にアンサー型のように似たようなものがいっぱいある時には
基準となる「理想のアンサー型はコレ」というものがあれば比較が出来て便利です。

繰り返しますが、プロフェッショナルな物の作り手の人はこんな簡単でファジーな
ものは使いません。 紙で作ると折りたためて便利ですが、ショップさんの
パターコーナーでやおら取り出して床に置いたりすると、変な目で見られるか嫌な
顔されるかどっちかですのでお勧め出来ません。

by greishi_7146 | 2007-10-17 19:30 | GENERAL


<< ACUSHNET BULLSE...      閑話休題〜並ぶ人々 >>