THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 10日

B67 〜BやCの意味

カーステンシリーズのパターが発売になりますね。iシリーズと較べると比較的オーソドックスな
シリーズで、こちらのシリーズも楽しみです。


a0093304_1653252.jpg


カーステンシリーズのモデルの一つに「C67」があります。G2i, G2シリーズで登場した
モデルの形状を受け継いだフラットなトップブレードを持つセンターシャフトのパターです。
そのC67の原型ともいえるのがこのB67というブロンズのパターです。


a0093304_16563698.jpg


左右対称のデザインと真っ直ぐでフラットなトップブレード、という何の変哲も無いヘッドです。
ピンの場合、このようなクセの無いヘッドは逆に珍しいです。左右対称、というだけでも
モデルはかなり少ないぐらいなので、「平凡さが非凡」という印象があります。


a0093304_16595196.jpg


C67はトップブレードのセンターからシャフトが立ち上がっていますが、B67は
ヒール側からトップブレードを貫通してソール側までシャフトが届いています。
従ってB67はフェイスバランスではありません。


a0093304_1722579.jpg


シャフトはSZベントという曲がりの少ないベントシャフトです。ヘッドのデザイン上、
オフセットをつけようとする場合に有効な方法だと思います。左右方向の曲がりは
トゥ側に膨らむようになっており、アンサー型よりはむしろL型に近ずける意図が
感じられます。


a0093304_1755192.jpg


安定感のあるトップビューです。広いブレードとサイトラインがラインのイメージを
出しやすくしていると思います。 B6X, 6X という一連のホットドッグパターの
シリーズの中でも極めてオーソドックスでオールラウンドなデザインではないでしょうか。

B67はスコッツデール時代から作られていた古参のモデルです。
もう10年以上前に生産中止になりましたが、形状がC67に受け継がれて一番新しい
シリーズにも採用されているのは何だか微笑ましいですね。

ちなみに、69シリーズとB6xシリーズの違いはシャフトです。Bがつくモデルには
曲がったシャフトがついていて、69シリーズは真っ直ぐなシャフトです。
つまり、モデル名の最初のBはベント(bent)のBという事です。
自ずと想像がつくのはC69の「C」がセンター(center)シャフトのC...でしょう。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-09-10 17:18 | PING BRONZE


<< 6 Years After      ACUSHNET BULLSE... >>