THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 27日

O BLADE Bronze

昔からあるモデルです。 
シャフト軸に対してほぼ一直線に立ち上がったネック、
フレアードチップのオーバーホーゼルシャフト、オフセットの無い
ネック形状、ヒールからトゥまでソリッドなラインのトップブレードなど。
かなりアクシネットっぽいというか、キャッシュイン型の特徴を意識したデザインです。
初期のブロンズモデルにはこうした「何でもやってみよう」という意図が感じらる
ものが多いです。 まだまだ自分の拘りや哲学だけを主張出来なかった、という
経営面での問題もあったのだと思います。

O BLADEには一つだけ他のパターと外見上大きく異なるところがあります。
グリップです。 この頃のピンパターにはすべてピストル型でPING MANロゴの
入ったグリップ(いわゆるピンスタンダードと呼ばれるものです)が使われています。
後にフェイスバランスの5シリーズの発売とともにストライプの入ったCS5や
アイソピュアあたりで標準仕様だったTEXTURE SPIRALなどが加わりますが、
それ以前はグリップといえばすべてお馴染みのPINGMANロゴがくっついていました。
...O BLADE以外は。 
なぜかO BLADEだけはGOLF PRIDE社の市販バージョンの「PRO ONLY」が
付いていたのです。もっと前のSCOTTSDALE時代にはPRO ONLYや、PRO ONLYに
PINGMANロゴが入ったものも使われていましたが、その後変更されました。
なぜO BLADEだけPRO ONLYだったのでしょう? 
いつも「次に会った時にでも聞いておこう」と思って忘れてしまい、今では
確認のしようもありませんが。

グリップがそんな事だったので、まれに「違うグリップがついてました」と
小売店から返品されたりしてました。 

BLADEシリーズ(他にL BLADE, H BLADE, BLADEなど)の中では
A BLADEと並び人気があったパターです。
 a0093304_1055329.jpga0093304_10554960.jpga0093304_1056440.jpg
[PR]

by greishi_7146 | 2006-10-27 10:56 | PING BRONZE


<< L型のパターを作る(1)      ZING2 Stainless >>