<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 17日

虫干し 

a0093304_1616447.jpg


一年に一回はなんだかんだで出てくる話題で恐縮です。
それだけ私が不精者でズボラだ、という事です。平にご容赦下さい。


a0093304_16175333.jpg


お手入れをしないといけないのはパターに限らずグリップからパターカバーに至るまで多岐に渡るのですが、
とりあえず一番懸念されているのがパターです。


a0093304_16193888.jpg


とりわけ心配というか、厄介なのはこれらのガンブルー仕上げのパターです。ご存じのようにガンブルーは
メッキと違って錆びます。まあガンブルーという仕上げがそもそも錆びのようなものなので、
錆びを心配するのもどうかと思うのですが、やはりこれだけ美しいパターなので美しいままで
保管したい、というのは無理からぬ話だと思います。


a0093304_16233599.jpg


乾いた布(布に細かいゴミなどがついているとキズが付くので要注意です)でやさしく乾拭きし、
そののちオイルを染み込ませたシリコンクロスで表面全体を薄く塗膜します。その状態のまま
ビニール(正確にはプラスティック)袋をゆるめにかけてシャフト最下部あたりをテープで巻いて
出来上がりです。書くと簡単なのですが、面倒臭い事この上ない作業です。
小物でお馴染みゴルフのライトさんが昔この塗膜が簡単にできるスプレーを開発していました。
・・・あれは商品化されたのでしょうか?

昔のピンのパターやアイアンのようにその辺に転がしておいても全然オッケー、みたいな物ばかりだと
本当に助かるんですが。

どこかで二・三日休み取ってやらないと、恐ろしい梅雨は気がつけばもうそこまで。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-17 16:29 | GENERAL
2010年 03月 15日

REDWOODを二本ゲット!!

a0093304_19231589.jpg


JAROに怒られそうな紛らわしさ。。。というか、皆さん怒っているだろうな、と反省しつつの。


a0093304_19241740.jpg


シャルドネと。。。


a0093304_19245132.jpg


カベルネ


a0093304_19252891.jpg


カーステンさんが見たら間違いなくお説教食うだろうな、と思いながらも、Redwood CIty近辺に
Vineyardがある事にも少々驚きつつアップしてみました・・・何か色々とごめんなさい。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-15 19:29 | GENERAL
2010年 03月 10日

例のそのへんの事

a0093304_1432599.jpg


米ツアーを中心に何かと話題になっている例の問題もよくやく落としどころが見つかったようですね。
結構な事です。


a0093304_14331439.jpg


色々と書きたい事や、書いたほうが良いかな、と思えた事などがあって画像などを整理している内に、
何だか馬鹿馬鹿しく思えてきました。


a0093304_14344526.jpg


要するに、色んな思惑に振り回された挙げ句に、どうしようもない矛盾を抱えたままに終わらせようとした
不始末のツケを図らずもここにきて払う羽目に陥った「決める側」の苦悩、という事ですね。


a0093304_14372710.jpg


プロスポーツはビジネスです。当然ビジネスとして参画している企業や人々にとっては、ルールで
さえビジネスを有利に進める為のツールの一つです。それは当然の事です。 ただ、その思惑に
どこまで抗い、ルールの中立性や公正さを担保出来るか、というのは「決める側」の資質の問題でも
あります。
用具のアドバンテージによりゴルフのゲームにおける公平が損なわれないように、という主旨の
ルール改正であるなら、自分達の過去の不始末についてまず検証し、そして反省をちゃんとしてから
行うべきだったのではないか、と思います。


a0093304_1442558.jpg


まあそうは言っても最終的にはゴルフのルールというのは「オラが村の掟」みたいなものなので
ここで「べき論」を語っても何も変わりません。
アイ2溝問題。忘れた頃にとんでもない形で湧き出てくる、私にとっては鬼門のような話題です。
そろそろ落ち着いて当時を振り返られるかな、と思うと途端にこんな感じに再発します。

そういう事で、画像と資料をある程度用意した所で筆を進める気力が失せました。
大きなトピックですので、雑誌等でプロの書き手の方が読み応えのある記事をお書きになると思います。
そちらにご期待下さい。 ごめんなさい。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-10 14:46 | IRONS/PING
2010年 03月 08日

看板と信用と2

...といっても前回のスポルディングさんのお話しの続きではありません。


a0093304_14245278.jpg


近所の居酒屋さんです。
お客さんや友人を案内する事も多いのですが、美味しいお酒を美味しいアテでゆっくりと飲りたい時や、
一人でちょっと考え事がしたい時なんかにも顔を出します。 
なのでカウンターに一人ぽつねんと座ってる事も少なくありません。
この日もそんな感じでした。


a0093304_1561831.jpg


ズラッと並んだ日本酒の銘柄。値段がどれも高くないのでその日の気分で当てずっぽうで頼んだり、
お勧めを聞いてみたり。もっともそこに至るまでに生ビールや(この「や」はorではなくandです)ホッピーが
収まっているのではありますが。


a0093304_16522989.jpg


この晩は寒かったせいか珍しくお客さんは半分ぐらいの入り。長いカウンターには先客一組だけでした。
少し離れてカウンターに陣取り、そうめんよりも細く切った山芋を熱い出汁にくぐらせた「そば切りいも」や
まぐろの赤身なぞをゆっくりと食べながらチビチビとうつむき加減に杯を傾けていると何か視界の
隅のほうが急に明るくなりました。フライパンの炒め物の火のようでした。お構いなしに飲んでいると
「わっ、これはちょっとまずいんじゃないの?」の声。顔を上げると火の手がカウンターの上に
設えてあるよしずに燃え移ってました。火事、ですどう見ても。
カウンターの二人連れはほぼ目の前、私からもけっこう近い距離です。奥の座敷で楽しそうに
飲んでいた女性グループも慌てて荷物をまとめて避難の準備。
結局火はほどなく鎮火しました。けっこうな煙と煤を残して。
流石にいったん店じまいするかな?と思っていたらバイトの女の子が私のお酒とアテをカウンターの端、
一番火元から遠い所にセットし直して「よろしければこちらへ」と。火元近くの二人は入り口近くのテーブル席へ。
そのまま営業は続きます。お店の大将もバイトの女の子達も、体制を立て直して未済みのオーダーを
確認したりお客さんに謝ったり。
ぬるくなったお酒も新しいものに差し替え、アテも板さんが目ざとく気づいて作り直してくれました。

結局、もともとお勘定時だったグループを除くと、誰一人としてこの騒ぎから逃げ出したお客さんは
いませんでした、私も含めて。 酒飲みが意地汚い、という結論ではありません。



a0093304_15361578.jpg


この店が普段から真っ当にお客さんに接しているのと、騒ぎの最中でもお客さんを前に慌てた様子や
必要以上に大騒ぎしないで淡々と落ち着いていたお店の所作に対する客側の安心感が腰を落ち着かせた理由だと思います。
現に多くのお客さんがかえってお店側を労ったり、飲み物や食べ物を追加していたぐらいです。
普通に考えたらお金払わないで怒って帰る人も多いかもしれません。少なくとも近くに座ってた
お客さん達は。
普段の信用、というか暖簾を傷つけないようにいつもどれだけ気を配っているか、というのが
培ってきた歴史そのものだと思います。
ブランドも然り、メーカーも然り。一人一人が自分の出来る事をやるのは勿論大事な事ですが、
旗を振る人達が進路を見誤らないようにしないと船は真っ直ぐ進みません。

結局この後もう二三杯おかわりして牛筋豆腐などを追加したりして。。。
これは店に気遣った訳ではなく単に意地汚く酔っぱらっただけですが。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-08 15:48 | GENERAL
2010年 03月 03日

看板と信用と

a0093304_14594512.jpg


スポーツ用品の業界紙を眺めていたら『スポルディングジャパンが発足』という見出しが目にとまりました。
米国スポルディング・スポーティング・グッズ社の出資で今年から始動との事。ブランド価値の最大化に取り組んでいく
のが主眼だとか。基本的にはライセンシー契約の管理と販路の開拓が主になるようです。

スポルディング、というブランドはその中の旗艦ブランドであったトップフライトとともに、スポーツの
世界に燦然と輝くビッグネームでした。いわゆる御三家の一角として当時のゴルファーにとっては
憧れのブランドでした。赤トップ、Bird On Ball...懐かしいですね。


a0093304_1554233.jpg


永遠のものは存在しない、というのは万物の原理なのですが、それにしてもSpaldingという名前の
凋落ぶりは目に余るものがありました。あえて乱暴に斬り捨ててしまいますが、原因は単純明快でした。
『ブランド力の低下』です。そしてそれを引き起こした大きな原因が『暖簾の切り売り』的な
ライセンスビジネスです。ライセンス料、という禁断の果実に依存し、安易なブランドの量り売りを
行った結果、その虎の子のブランドに対する消費者の信頼感を失ってしまったのです。
皮肉な事に、それが次にもたらしたものはライセンシーの離反でした。
踏んだり蹴ったり、という言葉がぴったりくる結末です。


a0093304_15115461.jpg


ライセンスビジネスに対して出資するに足る期待が出来るのですから、まだまだスポルディングという
ブランドネームはそれだけの価値があるのでしょう。願わくばかつての輝きを思い出させるだけの
復興が見られますように。
個人的にはかつての御三家の中では一番思い出の多いブランドだけに頑張って欲しいな、と思います。
信頼や好意というのは作り上げるのがとても難しく、失うのはあっけないほど簡単です。
自戒も込めて強くそう思います。

頑張れスポルディング。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-03 15:16 | GENERAL
2010年 03月 01日

待望の

ゴルフサイトの草分けであり、今でも最も影響力があるサイトといえばアンサーフリークさんですね。
特にギア関係の情報ソースに飢えていた当時、アンサーフリークさんの膨大な情報量と貴重なネタの数々は
本当に魅力的でした。もちろんその面白さは今でも全く衰えないどころかますます充実しています。
恐れ多くてリンクも遠慮しているのですが、実はサイトホルダーのToshiさんには色々とお世話に
なっています。
一週間ほど前、豪華食材で作ったごった煮、のような飲み会に混ぜていただきました。
もっとも私はその豪華なごった煮の具材(失礼)がゴルフの話で大盛り上がりしているのにほとんど参加してません。
生まれつき意地汚いので目の前の酒に心奪われてしまいまして。。。
ウニ・フォアグラ・トリュフ・三田牛・本たらばを初めとする豪華食材の皆さんにはネギの分際で大変失礼を致しました。

その場でToshiさんから新しいプロジェクトのお話しをお聞きしました。
詳しくは
プロジェクトに関するアンサーフリークさんのリリースをご覧下さい。
とても魅力的な場所とサービス内容で、立ち上がりが今からとても楽しみです。

嬉しい偶然で、私が日々朝から晩まで籠もっている場所からとても近いのです。
キョリ測という地図サービスのマップ上で歩いてみたら距離にして1.4km、時間で徒歩20分ぐらいでした。
消費カロリーおにぎり0.6個分。往復してもおにぎり一個食べてチャラ、というぐらいの近さです。
これは是非近々様子をうかがいにお邪魔しないといけませんね。
せっかく近いので何か面白い企画でもコラボできればいいな、とも考えましたが、こちらにはあっても
先方様にメリットが無さそうなので。。。ご迷惑になりそうなんで大人しくしておきます。


a0093304_11453487.jpg



パターのフィッティングというメインコンテンツもとても興味がありますが、こちらで紹介
されているようなカスタマイズはすごい魅力的ですね。いじっていただくと面白そうなヘッドが
自宅のブツ置き場に転がっているので、何かお願いしてみようと思います。Before→Afterを
このブログで紹介できたらいいな、などと。

まずは周囲の夜のお店をチェックに行かないと。。。これは飲んべえの意地汚い口実ですが。
いや、冗談抜きにオープンを心待ちにしています。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-03-01 11:51 | GENERAL