<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

ご挨拶

いつもご覧いただきありがとうごさいます。

2006年10月からぽつりぽつりと始めたこの独り言のようなブログも、お陰様で4回目の大晦日を迎える事となりました。
これもひとえに皆様のご支援とご指導の賜物と心より感謝しております。

危なっかしい足取りで始まり、その覚束ない足下は3年経っても一向にしっかりとはせず、ここにきて
逆に衰える始末です。やれやれ、と半分呆れながら、半ば諦めながらご覧いただいている皆様の顔が
目に浮かびます。
といって、一念発起する訳でもなく、相変わらずダラダラと続いていくのでありますが。

来年もこんな感じでチンタラと、でも出来ればもう少し頻繁に独り言を書き垂れる事が出来るように、
まあまあ頑張ります。

皆様良いお年を。
一年間お世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

greishi_7146
The Bank Of Putters


a0093304_15171813.jpg
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-31 15:17 | GENERAL
2009年 12月 31日

アンケート&プレゼント企画です


まだまだ募集しております。お正月休みの時間潰しに、今年最初の運試しに、ふるってご参加下さいませ。


いつもご覧いただきありがとうごさいます。

盛況のうちに締め切ったBobby Grace Quizの出題者からの解説を待っている間にサクっと別企画です。
「L型について」という、カテゴリーだけ決まっていた企画ですが、一応「それらしい」お題を
考えましたので早速皆様にご協力をお願い出来れば幸いです。
(実際にはお題の何割かは提供いただいていたご助言をそっくり頂戴してます。ご協力有り難うございます)

さて、お題です。今回は4題の選択式です。


1)最強(最高)のL型はコレだ!!
2)L型を使わない理由(使っている方は使っている理由)
3)こんなL型なら使ってみたい
4)マイL型パター画像


1)は○○タイプ(例;IMG5型)でも、細かいブランド名やモデル名まで指定でも、どちらでも結構です。
一番皆さんにお聞きしたいお題はこれです。
2)は出来るだけ具体的に理由がある方に選択していただけると嬉しいです。「何となく嫌い」と
言われてしまうとちょっとL型が可哀想なので。
3)も同様です。とんでもない(かなり実現に無理がありそうな)アイデアでも結構ですので、
できるだけ具体的にお願い致します。
4)はお持ちの方で「ブログに載っけてもいいよ」という方がいらっしゃいましたらご協力下さい。
特にブレードが比較出来るトップ側からの画像が嬉しいです。

複数回答いただければ勿論嬉しいですが、一つだけでも全然OKです。
「昔の名器とかあまり詳しくないから・・・」などという遠慮はご無用に、お気軽にご参加下さい。


アンケートにご協力いただける方は 

1)お名前(ペンネームでもコードネームでも源氏名でも結構です) 
2)アンケートご回答;上の1~4に関して(一つだけでも、複数でもどちらでも) 
3)当ブログへのご意見(これは「もしあれば」ですので省略いただいても結構です。)

以上を
こちらのメール(クリックするとメールソフトが
立ち上がります)までお送り下さい。

*個人情報保護の観点から、ご住所お電話番号等は応募の際には記載しないで結構です。
 (当選者様には折り返しメールでお知らせします)
*締め切りは約一ヶ月後、もしくは一定の応募数に達した時点です。
*いまだに多くの方が見ているブログではないので、それほど競争率は高くありません。
*アンケートの内容その他一切抽選の結果には影響ありません。ぶっきらぼうなご回答
 でも結構ですのでお気軽にどうぞ。


以前の企画にご応募いただいた方も是非ご参加下さい。



a0093304_16252590.jpg


今回のプレゼント品はお題そのままの「L型パター」です。二本用意しておりますが、2名様x各一本になるか、
1名様x二本になるかはご応募の状況を見て決めさせていただきます。


a0093304_16253666.jpg


レフティの方がご当選された場合は生憎L型の左が(多分)手元にないので左用パターの良い物を
見繕ってお出しします。


a0093304_1625579.jpg


写真はイメージ、かもしれません。

それでは、年内最後の企画へ皆様のご協力とご応募をお待ち申し上げております。


[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-31 10:57 | GENERAL
2009年 12月 24日

シーズンイン

a0093304_1518687.jpg


勿論、ゴルフシーズンの事ではありません、この寒い時期に。
年の瀬何かと慌ただしい中、一年のご厚情に感謝し、来る年のご多幸を願っての「締め」の季節が到来しました。
会社勤めの方ですともう忘年会は通り過ぎて聖夜の暖かい団欒や年越し蕎麦に思いを馳せる頃ですが、
自営業にとっては今日明日あたりがピークです。


a0093304_15215760.jpg


「いや、何かコンペとプライベートでラウンド続きで参っちゃって・・・」という時の顔がちっとも参っていないのと同様、
こちらの連投も言葉とは裏腹に顔がほころんでしまいます。
独り酒、というのも大好きです。画像はどれも独り酒の時に撮ったものです(あまり飲み食いの場所で
カメラを持ち出すのが得意ではないので、馴染みのお店で空いている時に撮らせてもらっています)
考え事をしながら、あるいはそれすらしない無の状態で孤独を楽しむのも好きですが、誰かと飲む
お酒の場、というのはやはり格別です。 何かこう書くとただ飲めればそれでいいようにも見えますが。


a0093304_15355633.jpg


アテも「この人、これ好きかなあ」とか「ここのこれを是非食べてもらいたい」というような目線で
頼むのが楽しく、「これ、美味いですね」と言われた時の嬉しさはまたひとしおです。
どう高めに評価しても接待上手では無いので、自分だけが楽しいのかも?と思う事もあります。
いつも宴が終わった帰りの電車で少し後悔します。自分があまり酒の席で食べないほうなので、
どれぐらい頼めば良いのかが良く判らないのです。だいたい少なすぎるようなのですが、毎回同じ
轍を踏んでしまいます。 


a0093304_1541770.jpg


お酒も然り。自分基準のペースで飲んでしまう上、お酌下手なので同席している方から見るとすごい
マイペースで自分勝手な飲んべえに見えると思います。

何か反省ばかりしているように思えてきましたが、その分酒席では傍若無人気味に振る舞っている
(つもりです)のでバランスは取れているかなあ、などと都合の良い懺悔室のような今回の話題でありました。

今までに居酒屋等にお付き合いいただいた事のある皆様、そういう訳ですので平にご容赦下さいませ。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-24 15:44 | GENERAL
2009年 12月 21日

こんなもので出来ている

a0093304_15242416.jpg


ゴルフクラブのハイテク化は日進月歩です。
理論もそうですが、やはりその進化は素材という要素を抜きにしては語れません。
ゴルフクラブの中で比較的ルールの縛りが緩い(例外が多く認められている)のがパターです。
それ故、形状や素材に進化の余地が多く与えられています。素材も然り、です。

新素材による大胆な新理論が百家争鳴の如く唱えられ始めた頃、ピンというメーカーはそうした動きに
対して非常に鈍感でした。信念も勿論あったのでしょうが、比較的近くから傍目で見ていると、何だか
保守的でもあり、また遅れているようにも感じられたのは事実です。
大御所、という感のあるピンでしたが、そもそも既成の概念を覆す大胆な設計や、積極的なテクノロジーの
取り込みで既存の価値観を壊し続ける事で他を圧倒してきたメーカーだった筈です。
軟鉄鍛造や真鍮が主だったそれまでのパターヘッドに「鋳造」「ステンレス」というとんでもない
飛び道具を持ち込んだピンは、まさに種子島銃を弓矢刀の合戦の場に持ち込んだような存在でした。

複合素材と非金属、というイノベーションに対して周回遅れの感があった20世紀末頃のピンは、その後どうにか先頭集団に追いつきました。
今でもその分野に関しては先頭集団の中に入って健闘していると思います。


a0093304_15362576.jpg



ピンでは今まで一体どんな素材がヘッドに使われてきたのでしょうか?
・・・よく考えてみたらちゃんと把握はしていませんでした。
漏れや間違いがあるかもしれませんが、以下羅列してみます。ちゃんとした答えを確認されたい方は
ゴルフショップオカムラさんのHPで一つ一つのシリーズのスペックをご覧下さい。

ヘッド本体の素材
マンガンブロンズ
シリコンブロンズ
ベリリウムカッパー
ベリリウムニッケル
17-4ステンレス
303ステンレス
304ステンレス
C805アルミニウム
ハイグレードアルミニウム
カエデ合板


インサート、ウェイトチップ等の素材
アイソピュア(エポキシ系樹脂)
アイソフォースピクセル/チタン
アイソフォースピクセル/アルミニウム
ウレタン
ポリウレタン
タングステン
ポリプロフェライン
ポリマー(ナノニッケルコート)
エラストマー
真鍮
エポキシ系樹脂

ざっと並べるとこんな感じです。
どうしても思い出せないのがIsoPurシリーズのNelliに使われていた金属です。ブロンズなのですが
確かマンガンブロンズではなくもうちょっと比重の軽いブロンズ合金だったような。。。
資料を探してみようと思ったのですが、なにしろ整理がついていない状態でして、お恥ずかしい。

追記です
haradai26様より上記のブロンズにつきご指摘いただきました。
シリコンブロンズ、という素材で、Faith, NelliとIsoForceのブロンズレーベルに使われていた素材です。
よりによって自分が2年前に書いたものでした
haradai26様にはお手間をとらせてしまい恐縮です。ありがとうございました。
・・・自分の書いたものも覚えていないというのは、いくらうっかりと言っても程がある、と反省しております。
いやはや面目ないです。

お手数ですが誤記や漏れなどりましたらご一報下さい。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-21 15:54 | PING OTHERS
2009年 12月 18日

Bobby Grace Quiz〜答え合わせ

a0093304_1610507.jpg



先日締め切りましたBobby Grace Quiz。
大勢の方にご参加いただきました。ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
さて、答え合わせです。
What is the most important aspect to putting?
これが質問でしたね。前にも書きましたが"aspect"という単語が非常にファジーというか、
日本語に変換する際にピッタリ当てはまる言葉が見つからず、それがこの一見単純な問題の答えへの
到達を困難なものにしたようです。私の語学力がかなりアレなもので申し訳ありません。
反省を込めて、今回はBobbyさん本人の「解答」を先にお見せします。



Yes by all means. Distance control is the most common flaw of every golfer that usually leads to 3 putts and even worse.
This is the most important aspect of putting to perfect since the goal is two-fold, first to try and make the putt,
but most importantly to leave the first putt very near the hole.
A bad putt is usually short or long by a good amount, but rarely does the golfer miss the direction by such a huge margin.
For instance on a par five when putting for eagle, you hardly ever see the golfer miss a 5o foot putt 10 wide,
but you commonly see the distance 8 feet short or 7 feet long.
Honing in on your "distance feel" early in the round usually results in a lower score and a whole lot of fun.



要約すると
「3パットあるいはそれ以上という結果をもたらす、ゴルファーに共通する欠点、それが『距離の
コントロール』です。
この距離のコントロールこそがパットの要素の中で一番重要な事ですが、そのゴールは二つあります。
『直接カップイン』これがもちろん第一ですが、それにも増して大切なのが『いかにファーストパットを
カップに近づけておくか』という事です。
悪いパットというのは普通かなりショートしたりオーバーしますが、それに較べれば方向性をそこまで大きく
誤るゴルファーはそれほど多くはありません。
例えば、パー5のイーグルパットを想像してみて下さい。15メートルぐらいのパットで2メートルの
ショートやオーバーは珍しくないでしょう。でも、3メートルも横に外すのを見る事は稀だと思います。
ラウンドの最初の方で距離感を研ぎ澄ます事でそのラウンドのスコアは良くなりますし、楽しいゴルフも
出来るのではないか、と思います。」


ふう。
すみません、相変わらず中途半端な意訳で。
もっと簡単に書くとたぶん「だいたいグリーンで叩くのは縦の距離が合わせられないからでしょ。」
という事になると思います。

こうやって書かれると「そうだよなあ」とは思います。
しかし、問題の時点でこの解答に結びつけるのはそう簡単ではないですし、この「正解」も
普遍的なものではなく、たぶんに主観的だからです。
考えてみたら、普遍的な答えがあるぐらいならゴルフ雑誌に毎号レッスン記事が載る訳が無いですよね。

それはさておき、以上が【Bobbyさんの】正解です。
ご回答いただいた方58名様でした。ありがとうございます。
ただお一人、「距離感」と書いた方が正解者です。
正解者の方には明日メールにてご連絡させていただきます。
また、皆様の解答やBobby Graceさんへの質問ご意見等はあらためてご披露したいと思います。

ご協力いただきました皆様には重ねてお礼申し上げます。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-18 17:29 | BOBBY GRACE
2009年 12月 11日

Bobby Grace AMG18 Prototype



Bobby Graceさんから「中々面白いと思うから是非皆さんに紹介しておいて」とメールが来ました。
見て、何か意見やコメントがあったら是非お聞かせください、との事です。

それにしても、最近はBobbyさんを始め、Youtube, Facebook, Twitter の「三種の神器」を駆使して
プロモーションをする人やメーカーが増えましたね。確かにオンタイムで情報をアップ出来る点や、
情報の共有の簡単さ、コストがかからない等々のアドバンテージは大きいと思います。
加えて、既存のメディア(ゴルフダイジェスト誌やGolf Channel)と比較してもユーザーの数が桁違いに多いのも魅力です。
これだけ大きな媒体で小回りが利くというのは画期的ですね。
Bobbyさんもしかしてこのブログもその一環としてとらえているのかも、などとちょっと考えましたが
流石にそこまで期待されてる事もなかろう、と思い直しました。
多分、日本のゴルファー、それもパターが好きな皆さんの生の声や反応を知りたいのだと思います。

クイズは先週末を以て締め切り致しました。
集計し、Bobbyさんに報告した後Bobbyさんから解説が来ると思います。
今しばらくお待ち下さい。
ちなみに、正解(あくまで「Bobbyさんの考える正解」です)を言い当てた方が1名だけいらっしゃいます。
・・・思わせぶりなまま今日はこの辺で。「自分だけが知っている」って快感ですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-11 16:41 | BOBBY GRACE
2009年 12月 09日

表紙

a0093304_13463283.jpg


スポーツ用品の業界誌です。
チームスポーツも個人競技も、スポーツで何も用具用品を使わない競技はもちろんありません。
ほぼ裸一貫な競泳でさえ、スイムスーツやゴーグルを始めとする様々な物を必要とし、そこには
マーケットが存在します。
この業界誌もつまりはそうしたマーケットの全てを対象にしています。当然、その表紙には「花形」
競技の中で注目度の高いアスリートが選ばれます。 素材である画像は各契約メーカーから提供される
ので、撮影に手間がかからず、また写真のクオリティも高いのでこれはどちらにとっても好都合ですね。

ゴルファーが表紙を飾る事はあまり多くありません。非常に珍しいと言っても過言ではないでしょう。
大きな用具のマーケットサイズに較べ、表紙占有率はかなり低いのが今までの状況でした。
スーパースター、それも超新星の登場は「ゴルフ」というスポーツを一気にメジャーな存在に押し上げました。
特に男子国内ツアーのトホホな人気の無さを、たった一人の若者が救ったというのはやはり凄い事
だと思います。
後は彼に牙をむくライバルや、ヒールに徹してストーリーを作ってくれるベテランなどがもっと
出てくるとこの盛り上がりが一過性のもので終わらないのですが。。。大丈夫でしょうか。



a0093304_13565744.jpg


母校の同窓会誌も表紙を飾ったのはゴルフ業界の先輩でした。
ゴルフ、やっぱり旬なんでしょうか。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-09 13:58 | GENERAL
2009年 12月 07日

Bobby Grace Quiz

a0093304_19121012.jpg


ボビーグレースさんからのお題
What is the most important aspect to putting?
クイズというか、ちょっとした挑戦状にたくさんのご回答をいただきありがとうございます。
だいたい一定の期間、回答数に達しましたので明日いっぱいで締め切りとさせていただきます。

沢山のご回答の中、実はお一人様がほぼBobbyさんの「正解」をそのまま言い当てています。
正解者一名。このまま明日を終えますとその方がウィナーです。
サイン入りパターカバーが今朝航空便で届きました。
このままか、それとも他にどなたか正解にたどり着くのか。。。野次馬根性丸出しで楽しんでいます。

残り一日、まだ思案中の方はお早めにどうぞ。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-07 19:19 | BOBBY GRACE
2009年 12月 02日

パット目線で上から見ると

コメント欄にmorimori様より「Bobbyさんの画像はトップからのものがほとんど無い」という
ご指摘をいただきました。実はこれ、私も気になっていました。


a0093304_15514665.jpg


画像の枚数に縛りがある、例えばオークションのように3枚までと決まっている場合でもトップからの
画像は「マスト」です。実際にパターを使う時に我々ゴルファーが見ているパターの姿というのは
まさにトップからだからです。言い方を変えれば、この画像抜きには自分にとって使えるパターかどうかが
全く想像出来ないのです。


a0093304_1555693.jpg



同じようなアンサー型のブレードパターでも、こうして較べてみるとルックスや大きさにそれぞれ個性があります。
フェースインサート、異素材コンポジットソールなど、視覚的にも判りやすい「売り」が最近の
パターには多く見られます。その特徴を画像で見せたい、という心情は理解できますが、あくまで
パターは「グリーン上でパットをするための道具」なので、その場面を想定できる画像というのは
やはり不可欠です。
ちょこっと「こんな意見というか、ご要望が出てますが」とBobbyさんにはレポートしました。
「今度、色んなパターのトップ側画像送るね。新しいカメラ買ったから、今度はトップ側の写真も
歪みとかなく、色や風合いもちゃんと写せると思う。今まで使っていたやつはどうもトップからの
画像が上手く撮れなくて。ご意見ありがとう。参考にするよ」みたいな返事が来ました。
・・・マメな人、というかこの時期ヒマなんでしょうか?


 a0093304_1621727.jpg


今回使用したパター3本です。個々の画像はまたいずれ。

morimori様、ご指摘ありがとうございました。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-02 16:02 | OTHER PUTTERS