THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

"New" EYE2




Karsten's Guideの中のQ&Aより、二代目EYE2についてです。
Q;「今度のアイ2は従来のものとどう違うのか?」という問いにA;「同じなのは名前だけです」という身も蓋もない一言から始まる解説がなされています。
初代と較べ、より強調された周辺重量配分と、高番手(特にウエッジ)で顕著なバウンス/スクープの馬の背化について言及されています。「+」の有無や溝についてのみが話題になりがちな初代vs二代目ですが、作っている側からすると「進化」が鍵となったモデルチェンジである、という事ですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-30 15:17 | IRONS/PING
2009年 05月 28日

契約プロ

a0093304_16534445.jpg


1993年のピンカタログの表3ページです。
タイトリスト社を始め大手メーカーから第二集団までがこぞってプロとの契約にお金を使い始めた頃です。
ちょっと有名なプロ、日本では「誰だコイツ???」ぐらいの知名度のプロでも契約先にはそれほど困らない、
ツアープロにとっては天国のような時代です。
もともと契約金ではなく【成績に応じたボーナス+用具の提供】、という契約方法をとっていたピンは、その為
多くの無名プロを抱えていました。彼らのうちの多くは力を付けてネームバリューが付くと他のメーカーとの
契約金や年俸を伴う契約を結び、ピンから去っていきました。 その事を非難する人はいませんでした。
プロスポーツの世界ではごく当たり前の事ですし、プロであれば当然視野にいれる大事なオプションだからです。

アーニー・エルスがデービス・ラブ3世が、そしてアニカ・ソレンスタムがピンの契約プロ「だった」事を記憶している人はあまり多くないでしょう。
彼らもまた、遠い日本の地でゴルファー(ゴルフファン)にその名を知られるようになる頃にはピンプロではなかったのですから。

来る者は拒まず、去る者は追わず
潔い、そしてしごく真っ当な信念ではあったと思います。 ただ・・・もうちょっと柔軟に対応すればよかったのに、
とも思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-28 17:03 | PING OTHERS
2009年 05月 26日

Masterpiece

a0093304_16181977.jpg



ほっぺたにちょっとしたイボというか、でき物があったので空き時間に近くの皮膚科にぶらっと飛び込んだら
麻酔注射してそのままレーザーメスで切り取られてしまいました。滞在時間わずか30分の小手術です。
「今夜はお酒はおやめ下さいね」の一言だけが痛いです。。。

画像はスコッツデールアンサー、TPミルズ、K.W. Murrayのバック側です。手術後のほっぺたと同じように
凸凹してますが、片や見苦しく片や美しく。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-26 16:20 | CLASSIC BLADES
2009年 05月 23日

表面加工

a0093304_9374580.jpg



爪ヤスリを買いました。 春先のギフトショーで見かけて以来ちょっと気になっていたもので。
ガラス製です。ガラスと爪、という組み合わせはある種「禁じ手」のようなものです。私にとっては。これは黒板と
爪、という組み合わせも同様ですが、想像しただけで背中がゾワっと逆毛立ちます。
その禁じ手(あくまで私にとってですが)に敢えて挑んでいる人もいるんだなあ、と展示会場で逆毛を密かに立たせながらこの爪ヤスリを見ていました。


a0093304_941263.jpg



研磨面のアップです。見ているだけでゾワっとする人、いませんか?
そういえば昔、ガラスで出来たパターヘッドがあったような記憶があります。。。アクリルだったかな?ちょうどそのパターのフェース部分もこんな感じの磨りガラス様でした。カーバイトの初代ポーラバランスのフェース(こちらは
カッパーでしたが)もこのぐらいザラザラでした。実際にはツルツルのフェースだとボールもツルツル滑るとか、
ザラザラのフェースだと球離れが遅くなる、という体感できるレベルの差は無いのですが印象としては
ザラザラのほうがやはり安心感はありますね。打感もややソフトになりますし。

ロッシー2が売れ始めたオデッセイの初期のパターフェースは「爪が研げる」と冗談で言われるほどインサートと
ボディの境目に段差がありました。今では考えられない牧歌的なお話ですね。

肝心の爪ヤスリ、これがなかなか具合が良いです。金属製のヤスリより少ない力で見る見る研げます。
うっかりすると削れすぎます。想像していた背中ゾワワもありませんでした。何より、ザバザバと水洗いできる
のが魅力です。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-23 09:52 | GENERAL
2009年 05月 20日

Kevin Burns Monitor 〜Chapt.1 スペック

ケビンバーンズさんのパターモニターのお話です。
モニターのhanasora3さんが早速スペックを決め、お送りいただきました。


a0093304_16152934.jpg



個人情報なので名入れの部分はぼかしを入れましたが後はそのままkbputters.c0mでのオーダー確認画面のままです。
一番特筆すべきは「左用」であるという点ですが、他にも色々細部にこだわりが感じられます。スペックを決める際に
現在お使いのWrx Redwood Anserのスペックに合わせた、との事です。 比較出来た方がレポートしやすいから、という
モニターの鑑のような理由からです。気を遣っていただき恐縮です。


a0093304_16202549.jpg


サイトラインはトップブレード=無し、フランジ=広い二本線、という組み合わせです。実はここが一番悩んだそうです。ボールの赤道に引いたラインをサイトラインに合わせる、というパッティングスタイルは一本線のほうが適しているのでしょうが、せっかくのモニターなので「あえて」二本線で、との事です。


a0093304_16232448.jpg


フェース面はピラミッドグルーブを選択。打感や転がりにどう影響するのかが楽しみ、との事です。私もこのフェース加工には興味津々です。


a0093304_16275982.jpg



ネックはスラントではなくオーソドックスなアンサー型を選択されています。柱の四隅が面取りされた、Kevin Burnsらしい
すらっとしたネックのようにCG画面では見えますが,実際にどうなのかも楽しみですね。


a0093304_16301617.jpg


せっかく皆さんの代表でモニターに任命されたので、という事で「ちょっとしたスパイスを入れてみました」と
実は裏メニューのようなリクエストが二つ出ました。
そのリクエストの内容と、それに対するKevin Burnsさんの回答はまた次回、Chapt.2にてご報告致します。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-20 16:32 | KEVIN BURNS
2009年 05月 18日

愚問

Kevin Burnsパターのモニター企画は、現在「モニター様がスペックを決め、それをケビンさんに連絡した」という
ところです。言い方を変えれば「返事待ち」な状態です。先方がまだ日曜深夜なので、明日明後日あたりにまた
Black Berryケータイからのぶっきらぼうなお返事が来るかな、と予想しています。

モニターにご応募いただいた際に2つの設問にお答えいただきました。
二つのうち後の方の設問「パターに何を求めるか?」というのは、我ながらひどい愚問だったと反省しております。
愚問、が言い過ぎなら「あまりに抽象的な設問」とでもいいましょうか。
そりゃあちょっと考えればそうですね。「アホか!」と苦笑いしながらもお付き合いいただいた皆さんには申し訳ありませんでした。

「ルックス」「打感」「構えやすさ」
色々な表現ではありますが、概ねこの3つのお答えが圧倒的に多かったです。
「よく入る事」
意外とこのストレートど真ん中のお答えは少なかったです。

他に、かなり気を遣って「あえて」捻ったくださったんだろうな、と思える回答や、「ははぁ」と思わず頷いてしまう
回答がありました。
「重い」ヘッドの利き、というのも含め4名様が挙げました。「テークバックでフェースを開くイメージが出来る事」
という答えに対して「ローテーションするイメージの強いパターは苦手」という対になった回答もありました。
「あまりにも簡単過ぎない事」に対しては「とにかくオートマチックである事」という答えが。
「あまり他者が持っていない」「思い入れが持てる」「唯一無二である」これはオリジナリティを大事にしている答えですね。
「敏感で繊細である事」「ショートパットに強い」「打感だけでなく打音も良い事」「打感と距離感が一致」「ロフトが大きめ」
「ラインが見える」「自分の目で見て真っ直ぐなパター」「値段と価値が釣り合うと思える」「値崩れしない」
等々、それでもこれだけバリエーションに富んだ回答をいただきました。
ご協力いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-18 15:59 | GENERAL
2009年 05月 18日

鬼の居ぬ間

久しぶりに半日オフの日曜日でした。
千円床屋で髪切ってあれこれと買い物をしてもまだ午後2時。


a0093304_9553540.jpg


気がつけば一人、開店まもないホルモン屋で独り焼き肉。普段積極的に肉を食べる事があまりないので(串焼きは例外ですが)
自発的に、しかも独りで焼き肉食う事なんて滅多にありません。。。嫌いではなく、むしろ元々は好きなほうなんですが何故か。



a0093304_9583541.jpg


では何故・・・といえばコレです。 日曜昼過ぎから堂々と独り酒できる場所が見当たらなかったからです。
昼間の独り酒、というと鮨屋さんが一番確実なんですが、あまり贅沢すんのもアレかな、と思いまして。

この後帰宅して掃除やら洗濯物の取り込みやら。貧乏性で貧乏なのでせっかくの半日オフもロクな使い方が出来ません。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-18 10:02 | GENERAL
2009年 05月 16日

ロゴ

a0093304_1116717.jpg



ピンのロゴです。これが現行のものであり、お馴染みのものです。


a0093304_11164764.jpg



これが昔のバージョン。創業当時のものですね。ロゴが現行のものに変わった後も時々ベースボールキャップの
クラシックラインなどで使われてきたものです。愛嬌がありますし、アパレルや小物に使うと可愛らしいですね。
いっぽうドライバーのソールやグラファイトシャフトのロゴに使うとちょっと精悍さには欠けるかもしれません。
何より、このロゴだとテレビ写りが目立たないと思われます。

50周年記念の今年、古いロゴも色々な機会に使われるのではないか、と想像しています。
そういえば昔ロゴの下に書かれていたモットーは「For Those Who Want To Play Their Best」でした。
これも『長いと文字のポイントが小さくなり、目立たないから』という理由で「Play Your Best」に変わりました。
必要は発明の母、ではないですがやはり必要に応じてCIも進化していくのですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-16 11:23 | PING OTHERS
2009年 05月 15日

シャフトラベル

a0093304_15505962.jpg


a0093304_15511746.jpg


何かとお問い合わせいただく事が多いピンのシャフトラベルです。

詳細次週。。。ご要望があれば、ですが。

2007年3月のトピックの中のスチールシャフトの回にアイアン用シャフトラベルについて書いてあるのを
yasumapponさんがサルベージしてくださいました。ありがとうございます。しかし、自分で書いたものが自分の
日記帳のどこにあるか判らないって...本当にお恥ずかしい限りです。

[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-15 15:52 | PING OTHERS
2009年 05月 12日

トップブレード 〜ステンレスパター

a0093304_14102289.jpg



リクエストをいただいたので取り急ぎ。
ゴルフしない人にはただの金属でできた長方形の物、にしか見えないんでしょうね、きっと。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-05-12 14:12 | PING STAINLESS