THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 26日

クラシッククラブ

a0093304_161084.jpg


ここのところ急激に忙しくなってきまして、中々ゆっくりとクラブを眺める時間がとれません。
「古いパターの虫干しついでのあれこれ」、というブログの本来の目的に時間が割けず少しイラついてます。
「預金管理が出来ない銀行って、どうなのよっ!?」おっしゃるとおりです。いやはや面目ない。



a0093304_16142638.jpg


そんな中、昔のクラブの写真をひょんなところで見つけました。
写真のところを押してみると

a0093304_16321128.jpg


こんなページへ。 名器の系譜の著者、有名な上野喜久男さんの解説です。
なので名器の系譜をお持ち、あるいはご覧になった事のある方には見覚えのある写真だと思いますが、
それでもこうしてあらためてモニター上で見ると、やはり美しいなあ、と思います。
画像もそうですが、系統立てた分類と背骨のしっかりした考察は「ううむ・・・」と唸らずにはいられません。
考えてみたら、こんな古いゴルフクラブを真剣に研究して発表する人も変ですが、それをキラキラうるうるした
目つきで眺めているこちら側もかなり変だと思います。


a0093304_1623328.jpg


こんな(といっては失礼ですが)特集を組んでいるなんとも奇特なサイトはユニバーサルゴルフ社さんでした。
まだ出来たてのサイトみたいですし、サイトを立ち上げたというお話も聞いた事がなかったのでちょいとびっくりです。
まだまだ準備中のページもあるみたいですが、他のコンテンツも面白そうですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-26 16:29 | GENERAL
2009年 02月 24日

L8+ キャリーバッグ





今でこそ当たり前のようになったスタンド付きの軽量キャリーバッグ。
元祖がコレです。 20年前のものとは思えない、今でも通用するカジュアルさと可愛らしさです。

以前の記事にコメントをいただいたのが偶然というか、良いタイミングでしたのでアップしました。

The Hooferが発売になり、しばらくは並行して売っていたL8+ですが、残念ながら現在では生産されていません。
ヘッドが大型化して長尺化したのも一因かもしれません。
本当はこのぐらいカジュアルなほうがキャリーバッグらしくていいと思うのですが。小さいのが嫌いな人は大きい
バッグを使えばいいだけの話ですし。
りえさんからもコメントで報告いただきましたがダイギンさんにはまだ「新品」があるようです。

先週、50周年記念のメシの時にダイギンさん(息子さんのほうです)から「ブログ見てお店に来るお客さんも
いるんですよ」とお言葉をいただきました。
・・・何か、すみません。諸々ひっくるめて。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-24 18:49 | PING OTHERS
2009年 02月 23日

ユニバーサルカタログ 2009

a0093304_1259155.jpg


ゴルフ用品総合カタログ、通称ユニバーサルカタログが今年も届きました。
カラー・モノクロ合わせ計800ページにも及ぶ分厚い本です。


a0093304_134588.jpg


「これ一冊あればゴルフ用品の事はすべて事足りる」という、業界必携の一冊なのですが、今年はかなり趣が異なるようです。
一言で言うと編集ページ=読み物の部分が大幅に増えています。


a0093304_1374297.jpg


本の骨子である業界各社からの出稿と、このカテゴリ毎のカタログが背骨なのは不変ですが、今年は(昨年もでしたが)
出稿ページ部分が量が少ないです。これだけの不況の下、これは仕方がない事ですし、当たり前の事でもあります。
では、増えた読み物の部分が本のボリュームを確保する為のものかと言うと、これは全く正反対のようです。


a0093304_13122482.jpg


名だたる論客による科学的な検証や貴重なゴルフ史といったアカデミックな白黒のページ群は例年どおり。


a0093304_13142986.jpg


こちらはメーカー向け企画ですね。こういった業界トップのお話、みたいなのはいかにも業界誌っぽくなりがちですが、
聞き手が巧いことネガティブな部分にもやんわり切り込んでいて面白い部分も多いです。もうちょっと突っ込んだ
ところまで間合いを詰めて欲しいのですが、まあ広告主さんなので。


a0093304_13172478.jpg


こちらはどちらかというと小売店さん向けの読み物でしょうね。今まで「売れている物を置いておく」「メーカーと
うまい事付き合いながら売り上げを確保していく」という「物ありき」の仕入れをしてきたお店が「人ありき」に
転換する為のヒント、みたいなものでしょうか。ゴルフの小売店さんの事情はよくわかりませんが、これだけ
景気が悪いと今までの十把一絡げな売り方にも限界はあると思います。
データに基づく客観的な消費傾向なんてのは中々店の中にいてはわからないですもんね。


a0093304_132279.jpg


工房さん向けの企画にも力が入っています。既に工房を持っている人だけでなく、これから工房を始める、或いは
既存の小売店で工房部門を設置する人にも参考になるノウハウや知識が詰まっています。
まあ、これを読んだからといって脱サラして工房を始めるかどうかは別にして、クラブいじりが好きな人には
たまらない読み物だと思います。

一冊4,500円。一年かけて使える事を考えたらお買い得かもしれません。
ただ・・・いかんせん重いんですよ、寝っ転がって読むには。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-23 13:28 | GENERAL
2009年 02月 19日

インタビュー

a0093304_13335799.jpg


ピンご一行さんに呼ばれて会ってきました。写真左がジョンソルハイム社長、右は極東担当シンガポールの
スティーブン(Steven Hsu)。 どちらも旧知の間柄ですが、会うのは本当に久しぶりです。
ちょっと老けたかな、二人とも。。。向こうもこっちを見てそう思っていたんでしょうが。
ジャパンの社長(Tom Hadden)も来ています。この後ジャパンのオフィスに行くんですね。


a0093304_13374561.jpg


今朝がたのミーティングの目的は取材です。もちろん、私が自分のブログの為にお歴々を呼び出した訳では
なく、今回は「取材対象(の付き添い)」としてです。50周年を記念してピンの歴史を本にまとめる為だとか。
なので、呼ばれたのは私ではなく当時をよく知る先代なんですが、朝飯ゴチになれると聞いてお邪魔しました。
日本におけるピン、特に創成期についての事実関係の取材です。当時の極東のコーディネイターだったディック沼本(Dick Numamoto)さんも89歳の高齢ながらわざわざロスから同行していました。かなりマジな社史編纂みたいです。インタビューは実に1時間半にわたりました。
通訳にかり出されていたジャパンのお嬢さんも年寄りの長話につきあわされて災難ですが、嫌な顔一つせず
(仕事なんだから当たり前っちゃそうですが)完璧な通訳をこなしていました。


a0093304_13415782.jpg


聞き手は本の執筆を任されているデイブ(Dave Engelking)さん。ジョンのアシスタントであり、長年の友人でもある
彼はもともとはプロで、その後南西部のPGA Of Americaの責任者を経て現在の位置にあります。
義理のお父さんがマシニストで、ピンアイアンのKarsten-1からEYE2の型作りをした人だそうです。
ジョンも含め、皆さんが当時の記憶の糸を編むようにして時系列やバックグラウンドをまとめていきます。

漠然とメシと時間を食ってる訳にもいかないし、せっかく隣に全てを知る男が座っているので。。。
取材前の朝食の時にジョンさんに50周年の企画について、他に新製品についてなど色々と決まっている事、
まだアイデア段階の事などをとりまぜて聞いてきました。けっこう面白い物が続々、という内容なのですが、
明日からのゴルフフェアに合わせてプレスとのミーティングで発表するのでしょうからフライングは自粛します。
ゴルフ雑誌やネット上ですぐに明らかになると思いますし、プロの皆さんのお仕事の邪魔をしては申し訳ないので。
「シャープの亀山モデル」みたいなハイエンドラインも。。。ゴルフ雑誌買うのが楽しみですね。




a0093304_13513529.jpg


50周年記念のネクタイもらいました。
今夜は当時のディストリビューターが揃ってお呼ばれです。
カーステンさんのお気に入りだったレストランで昔話に花を咲かそうという事らしいです。
無責任な野次馬としては朝晩タダメシなのは嬉しい限りです。

アメリカではPGA Of AmericaがオーランドのPGAショウの期間中にお祝いのパーティをやったそうです。
抽選会の景品はオリジナルのレッドウッド1-Aのパターだそうで。。。日本でもやればいいのに、って言っときました。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-19 14:00 | PING OTHERS
2009年 02月 18日

アンケート集計結果2 〜このピンパターが好きだ

決算〜申告でバタバタ続きで集計と報告が遅くなりました。申し訳ありません。
ピンパターに関するアンケートのご回答のまとめです。
モデル、シリーズ、素材等々本当にバラエティに富んだ多岐にわたるご回答で、まとめるのに苦労しました。
・・・というか、まとめようがありませんでした。 あらためてピンパターの歴史の長さと息の長さ、モデルの多さ、
そして皆さんの思い入れがよく判りました。

今回はヘッドの形状で大まかにグループ分けしました。「えっ、これが?」と意外に思うモデルに複数の票が入っていたり、
反対にゴソっとシリーズごと抜け落ちているものがあったりで楽しかったです。

アンサー  ;17票
ブロンズANSER全般(5)、 スコッツデール(3)、REDWOOD(4)、ISOFORCE ANSER-F (2)、I/C ANSER (1)、
S/C(限定復刻版) ANSER (1)、 KBI ANSER BC (1)

a0093304_15542296.jpg




アンサー2  ;8票
ステンレスANSER-2全般 (5)、 ANSER-2 PAT PEND (1)、 ANSER-2 BC (1), ANSER-2 Ni (1)


a0093304_15554980.jpg




ジング ;5票
ZING MB (2)、 ZING2 (1)、 ZING2 BC (2)


a0093304_15571923.jpg




L型 ;9票
SEDONA (2)、 SEDONA-F (1)、 AYD (1)、 J-BLADE (1)、 ZERO (2)、 ZERO2 (1)、 ZERO4 (1)


a0093304_155936100.jpg




B60 ;8票
B60ステンレス (4)、 B61 (2)、 B60 BC (1)、 B60 BS (1)


クラシックモデル ;8票
PAL-4 (1)、 PAL-6 (1)、 A-BLADE (2)、 MY DAY (2)、 1-A (2)


21世紀型 ;9票
CRAZ-E (2), G5 Ug-le (1)、 Ug-le (1)、 JAS PIPER (1)、 REDWOOD PIPER (1)、 C67 (2)、 REDWOOD ZB (1)

他に「ピンパターは使った事がありません」「特にこれ、というモデルはありません」というご回答やこちらの設問には
無回答の方がいらっしゃいました。こういう意見もとても貴重だと思います。

ものすごいマニアックなモデルばかりかな?と予想してたのですが、アンサーが一番多かったですね。
アンサーが多シリーズに渡って票が割れているのに対してアンサー2はステンレスに集中しています。
これはアンサーが全シリーズ、全時代に存在しているからでしょう。
L型が多いですね。特にZEROシリーズを4人の方が挙げたのを見てのけぞりました。いやはや、わからんものです。
DocやCraz-Eあたりはもうちょっと多いかと予想していましたが。。。これはブログの性格上そうなってしまうのだけで
人気がないわけではないと思います。
アイソピュア、KSシリーズ、BZシリーズは全滅です。後ろの2つはともかく、アイソピュアは一種のエアポケット
なのでしょうか。セールス的には大ゴケだったアイソフォースに3票入っているのと比較すると寂しいですね。

ご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました。
「ありゃ、俺の一票がカウントされてねえぞ?」という方がいらっしゃいましたらご一報下さい。
なにぶんオツムがちょっとアレなもので、抜けている票がありましたらあらかじめお詫び申し上げます。

ふうっ。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-18 16:16 | PING OTHERS
2009年 02月 16日

久々に巡回

a0093304_14284572.jpg


日曜の夜、カミさんを帰して独り酒です。久しぶりのおやぢ居酒屋。
美味しい焼き鳥の店です。居酒屋フリークの人々にもてはやされて行列が出来たり変なしきたりが
あったりするような店ではありません。まあ普通の居酒屋です。平日6時まではハッピーアワーで
生中280円酎ハイ190円という破壊力抜群の値段で飲み助を待ちかまえています。


a0093304_14324599.jpg



良い気分になってもう一軒。おやぢ居酒屋は気兼ねも気取りもなく、かつ値段が安いというのが
魅力ではあるのですが、30分もいたら服にタバコのにおいがつきまくります。この日もそうでした。
まあ嫌煙家ってわけではないので一向に構わないのですがちょっと閉口する事も。
酎ハイ2杯、ジャガ豆腐(煮込んだ豆腐とジャガイモという変な組み合わせのモンです)と煮こごり
で千円ちょい払いました。



a0093304_1437167.jpg


さて、これで今週は独り酒はお休みです。みんなで食事でも。。。という機会がけっこうあるのと、
夜遅くまで仕事がつまっているのと、カミさんのご機嫌を伺うという理由からです。
家飲みだあな、と酒屋に行って見つけたビール。日本酒の八海山さんの出しているものらしいです。
せっかくなので3種類買ってきました。もう一種類あって、それは冬期限定なのだそうな。


a0093304_1440211.jpg


黒っぽいのと白っぽいのと茶色っぽいの。どれも美味そうです。今夜はどれを飲もうかしら。うふふ。


a0093304_1441325.jpg


地ビールって最近とんとご無沙汰ですが、まあ真面目に造っているところはちゃんと残るのでしょうね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-16 14:42 | GENERAL
2009年 02月 15日

KATSU YAMAMOTO 2005,2006,2007

ステンレスのKATSU YAMAMOTOパターの中で、後から追加された3モデルです。


a0093304_1151521.jpg


2005SLです。ヘッド形状はいわゆるパル型です。メジャーなモデルの割には今ではあまり見かけなくなった形状です。
ネックはオーソドックスなクランクネックです。他のモデルもそうですが、2000シリーズは基本的には
海外のお客さんの要望ありき、な一種の特注なので要望をある程度聞きながら作り込みます。
その為ネックなどはどうしても「市場ウケの良い」ものになります。


a0093304_1155442.jpg


2006SL。この形状も最近はあまり見かけませんが由緒正しいというか、まあ歴史ある形状ですね。
本当はこの形状には短いオーバーホーゼルの(ジング2のような)ネックが一番似合うのですが、
先に述べたような理由からクランクネック採用です。このモデルは鋭角があちこちについているせいか
輸送中のキズが出やすいモデルでした。中三の娘。。。ぐらいナイーブなヤツでした。


a0093304_11595189.jpg


2007SLは据わりの良いキャビティマレットです。オリジナルの9706と9704を足して二で割ったような
形状です。なんとも言えない絶妙な大きさとルックスでして、私の好きなパターの一つです。
これは今でもよく見かけるというか、一種の定番の形状ですね。

モデルを増やす、というのは悩ましいものです。
特に「ここのパターはこんな感じ」というイメージがある程度出来てしまうとあまり冒険も出来ず、
かといって変化が無いとモデルを増やす意味も無いし。。。というジレンマがついて回ります。
悩んだ挙げ句に結局は無難な線で・・・というのはよくある話です。
アンサー型やヒールトゥバランスからの脱却(あるいは否定)からスタートしたパターが売れると
ニューモデルとして「アンサー型」を出してしまうのはその辺もあると思います。
(ツアープロからの要望、というこれまた厄介な理由もあるのですが)
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-15 12:10 | KATSU YAMAMOTO
2009年 02月 13日

Lesson1 〜Introduction





プロモーション用に作られた「Drive For Perfection」というビデオの1コンテンツ。
プロによる短い簡単なレッスンの前説です。
カーステンさん、声小さいです。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-13 16:51 | PING OTHERS
2009年 02月 10日

AXIS 1 PUTTER  〜オーランドショウを終えての評判

a0093304_12304224.jpg


オーランドのPGAショウも終わり、ゴルフ雑誌でも速報やレポートがあれこれ取り上げられ始めています。
未曾有の経済危機もあり、また大手メーカーの不参加も相変わらず多いショウの中で
どっこい小さくても意欲的なベンチャーさん達は元気です。いや、小さいからこそ元気じゃないと
やっていけない、という事なんですが。
スポーツイラストレイテッド誌のウェブサイトのPGA SHOWレポートです。
先日ちょこっと紹介したAxis 1パターが取り上げられています。
「今まで想像出来る限りのありとあらゆる形状のパターを使ったり見たりしてきたけど、
コイツを初めて見た時に『何でこのアイデアを思いつかなかったんだろう』と思った」と
いう冒頭の文章と、「このパターは良いアイデアを持つ小さな挑戦者にとって、まだまだ
ゴルフには隙間があるという事を証明している」という末尾の文章は最大限の賛辞だと思います。
まあこの手の先取り情報ってのは持ち上げるのが常套ではありますが。


a0093304_12565028.jpg


露出が増えつつあるAxis 1パター。余程このパターが人の目を惹くのか、それとも余程
他にめぼしいネタが無いのかは定かではありません。まあそれでも注目されるというのは
良い事だと思います。個人的にはこのコンセプト(理論)をそのまま生かしたパターで
マレットなりキャビティマレットなんかのもう少しソール幅のあるものがあれば
受け入れられやすいだろうな、と残念に思います。理論上、それが難しい事は物理学オンチの
私にもじゅうぶん理解出来ますが、そこを何とかするのがベンチャーの腕の見せ所、だと思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-10 13:02 | OTHER PUTTERS
2009年 02月 07日

12,000円あったら 〜アンケート集計1

先日のアンケートに多くのご回答をいただきました。
二つある設問のうち、まずは最初の「12,000円あったらゴルフの何に使いますか?」という
問いに対するご回答の集計を発表致します。
12,000円というのは、ご想像の通り例の定額給付金、というアレです。
定額給付金に対する賛否は人それぞれでしょうし、難しい議論はちょっと頭の弱い私には
向いていないので省きます。 単純に「な〜んか中途半端な金額だなあ」と不思議に思ったので
好奇心からの(いささか不謹慎な)問いかけです。
回答人数=68、回答数=71 です。 複数回答された方もいらっしゃいますし、反対に
問1を空欄にした方もいらっしゃいました。

プレー系 28
ラウンド(プレー)/19  練習/6  レッスン/3
金額ゆえでしょうか。すぐにピンと来る使い道として圧倒的に多かったのがプレーフィでした。
「平日1R昼食付き+ガソリン代でちょうどかな」「週末でこのぐらい」というピッタリ感があるようです。
練習ではプリペイドカードという答と「とにかく一球でも多く打つ」という答です。
レッスン・・・これは設問時には思いもつきませんでした。不真面目ゴルファーなもので。

ギア/クラブ購入 21
パター/5 アイアン/2 ウエッジ/6 FW,UT/5 その他/3
中古で、オークションで、という答が多かったです。ウエッジが思いの外多いですね。
これも12,000円という金額ゆえでしょう。新品で最新の売れ筋クラブを買うには少々
足りないかな、かもしれません。

ギア/消耗品系購入 15
ボール/4 シューズ・ウェア/4 小物/4 その他全て/3
ここはボール以外は想像つきにくいかもしれません。ウェアでの機能性アンダーシャツのような
かなり特定の銘柄にまで突っ込んだ回答が多かったです。小物の分野には練習マット、
スタビライザー、脳活サイコロなどなど。練習ネットを設置する足しに、という回答も
いただきました。前の二つに較べここは既に購入を検討しているものを具体的に描いての回答が多そうです。

メンテナンス費用 7
グリップ交換/3 リシャフト/2 クラブ調整/1 ヘッドのリフィニッシュ/1
ここも設問時に想定していなかったジャンルです。このように自分の浅はかな考えの
遠く及ばない部分に気づかせていただけるのは新鮮な驚きです。
12,000円でどのぐらいメンテナンスが出来るかは不勉強で相場を知らない為わかりませんが、
セット全部、というわけにはいかない金額ですね。

皆さんからいただいたご回答を見る限り、12,000円というのは多くの方がワクワクするような
金額ではないようです。知らんがな、というには多く、といって「さあて、この金を
どうしようかな、うふ」というようなまとまったお金でもない、という感じでしょうか。
設問が例えば3万円だったら、どういう風に回答は変わっていくのでしょうか。
5万円なら。。。いっそ20万円なら。。。興味は尽きないですね。

非常に個人的な好奇心にお付き合いいただきありがとうございました。
ご回答いただいた皆さん始めご覧いただいた皆さんに重ねてお礼申し上げます。
設問2の「一番好きなピンパター」については来週アップいたします。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-02-07 17:29 | GENERAL