THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

フェースバランス

今更説明の必要も無いほど市民権を得ているパターの理論であり、機能でもある
フェースバランスについてです。
シャフトの軸線がヘッドのセンター(重心)に向いている事でトゥ側とヒール側のバランスが
取れた状態になっている時、理論上フェースの直進性は高くなります。
グリップとシャフトのネック近くを2本の指の腹に乗せるとフェースが真っ直ぐ上と指す
状態になっていればパターはフェースバランスです。そうでないパターはトゥ側が下を向きます。


a0093304_17261740.jpg


一番シンプルなのが「ヘッドのセンターから真っ直ぐシャフトを立ち上げる」という方法です。
ただし、この場合はオフセットが付けにくいです。加えてセンターシャフトには違和感を
覚える人も少なくないので好き嫌いがはっきり分かれるパターになります。
とはいえ現在のフェースバランスのパターの主流はこの方法です。



a0093304_17291114.jpg


オフセットをつけたフェースバランスのパターを作る場合には軸線がセンターに向くように
するためにネック、あるいはシャフトの曲がりを長く(大きく)する必要が出てきます。
ピンのパターの場合、この3種類のネックがフェースバランスパターのカギです。


a0093304_173224100.jpg


5シリーズのネックです。アンサー型のクランクネックでフェースバランスを出そうと
するとかなりネックが大きくなります。視覚的にホーゼルがネックにかかるのが欠点です。
もっとも、このネックを照準器がわりにセットアップする人もいるのでこれは好き嫌いですね。
視覚的にスッキリさせたい場合はネックの直線距離(立ち上げ)を長くしてルール制限
いっぱいのロングネックを作る方法(キャメロンパターでかつて違反になったのがありましたね)も考えられますが、ネックが極端に長いとフェースバランスの長所である
直進性という点でしっくりこなくなりがちです。


a0093304_17381695.jpg


KSシリーズのネック、いわゆるスラントネックです。この方法だとネックがボールを
遮らないので視覚的にはスッキリします。 ただ、ネックが長くなるため、ヘッドサイズが
コンパクトだとアンバランスになってしまうので、あまり小さいブレード型ヘッドには
向いていない方法だと思います。フェースバランスのスラントネックに短いブレードの
パターがあまり無いのはこういう理由ではないでしょうか。
一時期爆発的に流行ったネックですが、今はあまり見ません。
このネックだとトップブレードの研磨がしにくい、という製造上のデメリットも大きいです。


a0093304_17444280.jpg


ネックが邪魔なら・・・という発想からシャフトを曲げた例です。ピンの場合はBZベント
という、非常に曲がりが大きいものを考案し、採用しました。左右方向だけでなく、
前後方向にも大きく曲がったシャフトで、フェースバランスにするという目的だけなら
ここまで曲げる必要も無いぐらい大きく曲がっています。
実際、他のメーカーが採用しているベントシャフトは殆どが「ダブルベント」と呼ばれる
曲がりの大人しいものです。BZベントシャフトの場合、意識してオフセットを大きく
しているのはピンパターの設計の根っ子ともいえる部分に関わっているように思えます。

フェースバランスは特にショートパットには効果的だと思います。反面、振り幅の
大きいロングパットの時にフェースローテーションがスムーズではない、といって
嫌う人もいらっしゃいます。 どちらを取るか・・・中々魔法の杖ってのは無いものですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-31 18:36 | PING OTHERS
2008年 05月 30日

BLACK & WHITE 〜ピンカラー

a0093304_17355436.jpg


PINGのオリジナルカラーといえば白黒。
広告にはしばしば黄色(黒との組み合わせ)が使われましたが、これはゴルフダイジェスト誌などの
雑誌の中にあって、とにかく第一印象を強くしよう、というカーステンさんのアイデアだった
そうです。そういえばかなり昔、まだ雑誌の記事ページがモノクロだった頃からピンの広告はフチが黄色でした。

白と黒、という本来目立たないはずのカラーリングなのに、ピンのバッグやアクセサリーは
目を引きます。シンプルなロゴと色づかいでここまで「カラフル」に見せるのは簡単そうで
難しい、と思います。 
ピンの場合はアイアンもパターにも塗装やメッキが施されていない、バレル研磨
剥き出しの外見です。そのぶん地味なはずの白黒バッグが目立つのかもしれませんね。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-30 17:41 | PING OTHERS
2008年 05月 29日

白く照らし出せ

a0093304_959461.jpg


久々の飲み会。
今回は六本木ヒルズ横のシンガポール料理屋さんでした。
それっぽい建物、食べ物もシンガポール料理そのもので、どれも大変美味しかったです。
辛さとパクチーが控えめなのでタイ料理よりも日本人の平均的な舌には合うのでしょう。
・・・私ゃどっちも好きですが。


a0093304_1063930.jpg


揚げパンです。例によってお店でデジカメ出すのが苦手なせいもあり美味しい料理の画像はこれだけです。
ビールが来るともう写真なんてどーでもいいもんね、とスィッチが入るという意地汚い理由もありますが、
やはり久しぶりに会う大好きな人達との時間が何より嬉しくて年甲斐もなく舞い上がって
しまう、というのがどうやら最大の理由のようです。


a0093304_10104949.jpg


白いライトに照らし出された白い外壁を見ていて感じたのですが、やはり夜の闇と
何かを照らす光、という組み合わせは卑怯なぐらい絵になります。
ライトは凛とした白でも暖かみのあるオレンジ色でも様になりますね。
対象物のフォルムが凹凸がある場合は陰とのコントラストでより立体的に、フラットな
場合は一枚の絵のように平面的に。
個人的には外を白くライトアップして窓から見える中が柔らかいオレンジ色、という
組み合わせが一番ツボです。

楽しい一晩でした。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-29 10:17 | GENERAL
2008年 05月 28日

EYE52 〜オーバーホーゼルのショートネック

a0093304_15182519.jpg


ステンレススチールのPING EYE52です。
EYEシリーズ3モデルの中の一つで、EYE2と較べるとトップブレードがすっきりしていて
ネックの立ち上がりはヒール寄りですが、EYE53のようなL型形状ではありません。
極めて中庸なモデルと言えます。


a0093304_16264863.jpg


当時のピンパターではEYEシリーズが唯一、カラーコードによるライ角のバリエーションを
持っていました。 ライ角の希望(アップライト、フラット)は他のモデルでもオーダーは
出来たのですが、「カラーコード」という、今では多くのモデルにデフォルトとして
使われているシステムがパターに採用されたのはこのシリーズからです。
アイアン同様、このような芸当が出来るのはひとえに自前で熱処理をやっていたおかげです。


a0093304_16304212.jpg


ネック形状はアンサーのクランクネックと二大勢力ともいえるオーバーホーゼルショートネックです。
他にもショートネックでインナーホーゼルになっているものや、ネック無しでベントシャフトが
ついたものなどがありますが、当時はアンサー型と拮抗しうるバリエーションを持った
ネック形状です。
同じネックを持つのは他にジング2、パル2、アンサー4、アイ2,パル6があり、
どのモデルも人気がありました。(ブロンズのモデルはコンセプトは一緒ですが形状が
ちょっと違います)


a0093304_16344067.jpg


利点としてはセットアップ時にボールとトップブレード以外に目に入るもの(アンサー
の場合ホーゼル部分)が無いのですっきり構えられる=フェースの向きが出しやすい、
という点と、フェースの角度やローテーションを手からダイレクトにコントロール出来る、という点です。
後者は特にスムーズにテークバックで開いてフォロースルーで閉じていく、いわゆる
イン=スクエア=イン型のパッティングには特に適しています。
アンサー型クランクネックだとシャフトの軸線とフェースに一体感がないので、手を
どのぐらい動かせばフェースがどのぐらい動くのか、というのが掴みづらいきらいがあります。


a0093304_16403472.jpg


反面、このネックの場合「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」タイプのスイープ型には
少々不評かもしれません。L型ほどではないにせよ、やはり開きやすく閉じやすいからです。

今回はこの形状のネックに特に向いているヘッドの大きさやブレード長、という事で
このEYE52を代表にしました。ジング2も非常にこのネックとは相性がいいと思います。
パル6のようにブレードが長いものだとトゥ側がフラつきそうで個人的にはどうかな、
と思います。 同じくB60型のようにヘッドに奥行きがあるモデルもこの短いオーバーホーゼル
よりもやや長めのネックにしたほうが(オーバーホーゼルにせよ)合いそうですね。

ネックの曲がり方やオフセットの具合など見ていると、クランクネックの派生型というより、
8802やIMG5といったグースネックのL型にコンセプトは似ているように感じます。
個人的には初めて使ったピンパターがパル2なのでこのネックには親近感があります。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-28 16:56 | PING STAINLESS
2008年 05月 27日

冷え冷えの

a0093304_1951820.jpg


出張前に「そこそこ冷えたビールさえあれば地球上どこでも幸せ」みたいな強がりを書きました。
今回の出張先にはキンキンに冷えたビールが待っていました。
一本50円足らず。どこで飲んでもおおむねものすごく冷たかったです。
コク無し、キレも・・・う〜ん。 でも暑い中汗だくで働いた後の冷えたイッパイは
たまらんものがありました。時々昼から飲んでましたが。


a0093304_1954529.jpg


アテはこんな感じです。ご馳走した時に判明したのですが、びっくりするぐらい安いです。
5人でビール込み計3千円弱。もっとも現地人価格でこのぐらいなので観光客プライスが
どのぐらいなのかは想像もつきません。まあこの倍ボラれてもしれたものですが。
四川省の地震のニュースに胸を痛めながらもしっかり飲んで食ってきました。
零細ベンチャーは体が資本なもんで。


a0093304_19575039.jpg


飛び回るハエと同じぐらいどこの食卓でも見かけたのがこの「消毒食器セット」でした。
茶碗、小皿、プラのレンゲ、コップ等がいっしょくたに「消毒済み」と書かれた
シュリンクの中に入っています。どこのレストランに行っても同じ会社のものでした。
一社独占かなあ、さぞ儲かるんだろうなあ、とちょっと羨ましくも思いました。
しかし、料理にハエが留まりまくっている状態で各人の食器だけ滅菌されてもなあ、
とヘタレな日本人は思うのですが。

ビールも料理も美味かったです。福建省という食に関してはインパクトも知名度も薄い
場所でしたが、中華料理ってやっぱすげえ、と再認識しました。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-27 20:03 | GENERAL
2008年 05月 27日

BOBBY GRACEのヘッドカバー

昨日コメント欄にdfgさんよりリクエストいただいたパターカバーの画像です。



a0093304_16122672.jpg


一見すると面長でブレード専用カバーのような形状ですが、これがThe Fat Lady, The Littleman,
The Pip Squeekというマレット3兄弟に使われているものです。
最初の頃は3兄弟のヘッドサイズに概ねピッタリなマレット形状のカバーがあったのですが、
いつの間にかこのカバーに変更されていました。


a0093304_1615459.jpg


左側がマレット用(汎用)のもので、右側がブレード(The Snyper, The Pikpocket,The Crossbow)用です。
大きさもそうですが、ネック部分が大きく傾斜しています。ベントシャフトのものも、
センターシャフトのものも、あるいはブレード型まで、幅広く使えるようにデザイン
されています。
こう書くといい事づくめのようですが・・・


a0093304_1618732.jpg


とにかくデカイです。特殊な形状のM.O.I.というモデル(面長でセンターシャフトです)に対応し、
かつFat Ladyのような奥行きのあるモデルにも対応出来るように作られているので
どっちにしろ縦横のどちらかは余るのです。
お問い合わせのThe Fat Ladyの場合だとつま先とカカトの両方が余ります。
(反面横に少し広がります)

結論から言いますと、やはりモデル専用に作られたカバーと較べると「イマイチ」感はぬぐえません。
もっとも、純正パターカバーはあくまで「おまけ」であるという作る側の意識からすれば
これでも上等だとも言えます。色々な形状のモデルを意欲的に出すと、どうしても
コストの問題から各モデル毎にカバーを作るというのを求めるのは酷かもしれませんね。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-27 16:24 | BOBBY GRACE
2008年 05月 26日

プレゼント企画 〜アンケートにご協力ください

Update; 6/2 ひとまず締めきりとさせていただきます。
たくさんのご応募と、とても面白いアンケートのご回答をいただきありがとうございました。
いただいたご回答は後日当ブログにてご紹介させていただきたいと思います。
色んなプレッシャーがあるものだなあ、ととても参考になりました。
重ねてお礼申し上げます。
プレゼントの当選はメールにてご連絡致します。「おめでとうございます」という言葉が
タイトルについているメールを受け取った方がご当選者さまです。


いつもご覧いただいている皆さん、何かの拍子にうっかり迷い込んでしまった方も
ご覧いただきありがとうございます。

何度かご協力いただいていますアンケートの企画です。
「またか・・・」と思わずちょいとご参加いただけると嬉しいです。

アンケートのお題は「ゴルフとプレッシャー」です。
ゴルフが与える様々なプレッシャーについて何でも結構なので教えて下さい。
「バーディパットはやはりシビれる」「朝イチのティショットはいまだに胃が痛くなる」
といったラウンドに関わる事や
「練習場の主みたいな教え魔オヤジに目を付けられた」「アドレスが決まらない」
「カミさんに『ゴルフと私のどっちが大事なの?』と(略)」
「接待でも手を抜きたくないのでコンペのたびに社内の立場がどんどん悪くなる」
・・・要するに何でも結構です。

今回のプレゼントは


a0093304_17382726.jpg


こちらのBobby Grace パターカバーとグリップ <1名様> と


a0093304_17393424.jpg


ピンのパターグリップ2本 <1名様> です。



アンケートにご協力いただける方は 
1)お名前(ペンネームでもコードネームでも源氏名でも結構です) 
2)ゴルフにプレッシャーを感じる時。(ラウンド中のシチュエーションでも
  生活に対してゴルフが重荷になる時でも何でも結構です。) 
3)ブログに対するご意見ご要望(これは「もしあれば」ですので省略いただいても
  結構です。
以上を
こちらのメール(クリックするとメールソフトが
立ち上がります)までお送り下さい。

*個人情報保護の観点から、ご住所お電話番号等は応募の際には記載しないで結構です。
 (当選者様には折り返しメールでお知らせします)
*締め切りは約一ヶ月後、もしくは一定の応募数に達した時点です。
*それほど多くの方が見ているブログではないので、かなり競争率は低いです。
*どちらが当たるかは当方にお任せください。(いちおう希望を書いておく、というのはアリです)



以前の企画にご応募いただいた方も是非ご参加下さい。

では、皆様のご応募お待ち申し上げております。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-26 17:14 | GENERAL
2008年 05月 24日

WILSON 〜10周年の缶入りボール

a0093304_2024258.jpg


WILSON ULTRA 500というボールです。


a0093304_20252425.jpg


こんな感じのスチール缶に半ダースが入っています。


a0093304_20273757.jpg


ウィルソンジャパンが10周年記念に作って配ったノベルティ物のようです。
他の大手外ブラと同様、ウィルソンも色々なグループの傘下を渡り歩いたブランドです。
1970年にはペプシコ社の傘下にはいり、また日本では1979年にソニーとペプシコの
合弁でソニー・ウィルソンという会社が作られたりもしました。
ウィルソンジャパン、という一本どっこの会社が出来たのは1985年です。従って
このボールは1994-95年に配られたものです。
その後ウィルソンはアメヤの傘下になり、昨年ゴルフ部門はキャスコさんに移行しました。


a0093304_20402073.jpg


ノベルティに使われているのは「THOMAS MCKNIGHT COLLECTION」という、
有名な画家(たぶん)のシルクスクリーンの作品を配したものです。
90年代半ば、もうバブルもはじけていた頃だと思うのですが、モロにバブルのニオイが
する商品です。まだまだ今よりはゴルフにギフトバリューがあったのでしょう。


a0093304_204538.jpg


描かれているのは神戸ゴルフ倶楽部、言うまでもない日本最古のゴルフ場です。

この頃のウィルソンは、KILLER WHALEという大型(当時の規準では)ドライバー、INVEXというUFOのような奇抜な形をしたチタンウッドや、反対にオーソドックスな
完成度の高いアイアンを出していて元気なブランドでした。
御三家(ウィルソン、スポルディング、マグレガー)の中では一番コンスタントだった
ように思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-24 21:00 | GENERAL
2008年 05月 23日

Tommy Armour 3801S

a0093304_15443871.jpg


名器IMG5から遡ることおよそ30年、1930年代に作られたトミーアーマーのパターです。
まだIron Master's と「's」が語尾に付いていた初期モデルです。


a0093304_154723.jpg


狭いフランジとグースのほとんど無いネックは後年のIMGモデルとは趣を異にしています。
とは言え、当時のパターのマジョリティと比較するとソール幅は厚く、画期的に「やさしそう」な
パターであったと言えるでしょう。


a0093304_15501768.jpg


同世代に「3852」「3852S」という兄弟モデルがあり、どちらかというとこちらの
ほうが有名でまた評価も高かったようです。


a0093304_15533146.jpg


当時のマグレガー社はプロモデルの多品種少量生産、クラフトマンシップを前面に出した
物作り、といった消費者=オッサンゴルファーのマインドを鷲づかみにする販売戦略を
取り始めた頃です。 今日のキャメロンパターに見られる作戦の元祖みたいなものでしょうね。
この作戦はウッド、アイアン、パター、ウエッジの全分野で展開され、数々の名器と
それ以上の失敗作を生み出しました。


a0093304_16057.jpg


グリップはオリジナルのものではないようです。シャフトはブラウン色のコーティングが
施されてあるようですがやはり70年以上経っているためかなり剥離しています。
この時代のパターにしては珍しくバランスはD1とまあまあ重めです。

使おう、という気にはあまりなりませんが、じゅうぶん実戦的だと思います。
ウッドと違ってパターは半世紀以上前のものでもちゃんと作ってあれば立派に使える、
というところがやはり凄いですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-23 16:04 | CLASSIC BLADES
2008年 05月 22日

コンパクトスケール

a0093304_15312698.jpg


出張に持って行ったポケットスケールです。
小さいながら500グラムまで0.1g刻みで量れる中々の優れものです。
風袋機能も付いています。今回仕事での用途には不可欠な機能だったので助かりました。
いちおう誤差を修正する事も出来るのですが、その為には500gの分銅が必要なので断念しました。


a0093304_15343089.jpg


デジカメより一回り大きいものの、じゅうぶんハンディです。ズボンのポッケに入れるには
ちょっとアレですが、バッグの小仕切りに入るので重宝です。
「すげえ、さすが小型化の国ニッポン」と驚かれましたが、そもそもこのハカリ、お宅様の国で
生産されてるんですが。。。


a0093304_1538362.jpg


おおもとの用途はこれでした。ヘッドサンプルなんかの計量用には500gで事足りるの
ですが、完成品(例えばスチールシャフトのついたパター)だと超えてしまいます。
また、度量衡で言うと中国の1斤は500gなので「EEEE...が出たら1斤以上」という
基準で1斤まで測れるのですが、台湾の1斤は600gなので台湾では1斤という大事な
単位が量れません。

3千円以下で買えるコンパクトスケールの中ではかなり使い勝手が良いほうだと思います。
この値段なら壊れても腹が立たない、と思って買いましたが、どうやら壊れる気配も無いですし。
欠点を挙げればゼロ復帰が遅い事でしょうか。ヘッドの検品時のように短時間で大量に
計量する時にはストレスが溜まりそうです。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-05-22 15:43 | GENERAL