THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

Does a crime pay? 〜天網恢々

オークションで出品していると色々な事があります。
正直に言いますと、一年以上前に落札いただいた方でいまだに連絡が来ない落札者さんも
います。 メール>再度メール>さんざ待って再度メール>連絡掲示板に連絡>評価欄
より連絡・・・というのがまあ「気が長い出品者」の採る方法らしいです。
それでも連絡出来ない場合、やむを得ず落札者を削除するらしいです。
私の場合はあまり高額な商品でなく、また再度出品しても売れる商品だったので削除は
しませんでしたが。 

終了後の連絡トラブル以外にも頭をひねる事は出品中にも起こります。
ほとんどの場合出品中にやりとり出来る唯一の方法である「質問」上でです。

先日、出品中のタイトリストのアイアンセットに下のような質問が来ました。
------------------------------------------------------------------------------------------------
質問1 投稿者:mrslXXXXXX2002 (新規)
4月 XX日 22時 59分
Dear Seller, I am XXXX XXXX Xowen ... I saw Your Item Listed on Yahoo Auction Which i am Interested to send to my Marketer , and i will be Pay in USD , iam Agree to Pay you the Amount of $ 3,500 USD Including the Shipping Via EMS for the Full GolfSet , So Let me Know the condition of the item You have for Sell. and I will be sending the Payment Via CASH DELIVERY PAYMENT so i want you to send me your Name . Address State , City, Zip code, Country , Phone Number for the Payment Mail me Directly to my Mail Box in English , (mXXXXXXXX@yahoo.com)
------------------------------------------------------------------------------------------------

かいつまんで言うと 「お前のこのアイアンセット、3500ドルで買おうと思う。
指定の送り先に届けてくれればEMS送料込みで3500ドルを払おう。ついては
お前の名前、住所、電話番号などを英語で私にメールしてくれ」って事です。


a0093304_2014420.jpg


ちなみに商品はこれです。32,000円での出品です。32,000円なら目茶苦茶お買い得ですが、
3,500ドル=40万円近くで買い手がつくとはとても思えません。

しかし、どうせ詐欺ならもう少しリアリティのある(早い話が騙しやすい)金額に
すればいいのに、と思います。 5万円ぐらいの微妙な数字なら騙せるかもしれないのに。

この詐欺(どんなカラクリの詐欺かは判りませんが)、他の出品者さん達にも
実行されているようで、「MRS. M○RY W○OD LOW○N」という名前、YAHOO.COM
のメルアド、3500ドルという内容のすべてが同じ質問を受け取った人が大勢
いらっしゃるようです。
引っかかる(あるいは暇つぶしに引っかかった振りをする)と「ナイジェリアに
いる受取人に支給商品を送れ。同時にEMSの送り状番号を支払い保証システムの
HPのフォームから送れ」みたいな訳の分からない事を言ってくるそうです。

出品者側では中国のニセモノ、あるいはイリーガルコピーなどが平然と出品されている
事もあるそうです。 買う側、売る側ともにそうですが、やはり不自然にウマイ話には
注意が必要ですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-30 20:23
2007年 04月 29日

PHOTO ALBUM 〜EYE2アイアン(1)

a0093304_17162559.jpg


EYE2 (+では無い旧モデル)の9本セットとEYE2ウッドの#1,3,4,6の4本に
ANSER (新85029)をつけた14本のセットアップです。バッグはバートン社製の重たい
スタッフバッグSP-9(9インチ)、傘も今のものと較べるとかなり重たいです。
この一式でゴルフをやったらかなり腕力がつきそうです。
端で見ている人には  1)変わり者 2)ピンのファン 3)ピンの関係者 のどれかだと
思われるに間違いありません。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-29 17:12 | IRONS/PING
2007年 04月 29日

"The Art Of Putting"

ネットオークションをやってい嬉しいのは、色々な方と知り合いになれる事です。
見知らぬ同士が顔も見えないままに売り買いをする場ですので、一期一会の気持ちを
以て一つ一つのお取引をしっかりとやっていく。これが出品者としての最低限の心構え
だと思い、出来るだけ実行するようにはしているつもりです。まだまだ未熟ですが。

そんな中、何人もの「お得意様」とお付き合い(ネットの上だけですが)させていただく
機会に恵まれました。 みなさんそれぞれに拘りのジャンルや琴線に触れるポイントは
異なるようです。 出品する際に「これ出したらあの人が黙っていないだろうな」と思った商品が
案の定の結果になった時には思わずニヤリとしてしまいます。

masan72ptさんもそんなお得意様の一人です。
だいたいどのあたりのものが守備範囲なのかもだいぶ判ってきました。


a0093304_11551443.jpg


例えばこの画像の無刻印のスワンネックのパター。
このままの状態で出品しても、ほとんど見向きもされないでしょう。
現物を見る事が出来ないネットオークションでは「どこの馬の骨かわからない」というのは致命的だからです。
このパターの画像を見て「ライ角はどのぐらいだろう?」とか「ここのラインさえ
もうちょっと好みだったらすごく欲しいなあ」としばし見入る人もいらっしゃいます。
実際にmasan72ptさんがこのパターに興味を持たれるかどうかは判りませんが…

そんなmasan72ptさんのクラブに対するこだわり、ゴルフに対する愛情がてんこ盛りのブログが

The Art Of Putting  です。
「わかる事しか書かない」というお役所仕事的な当ブログとは違い、本当に好奇心旺盛な
キラキラとした目で書かれていて見ていて楽しくなります。
個人のページらしく変な政治的配慮みたいなボカシや八方美人な曖昧さが無いのも
気持ちよいです。

一見の価値、いや定期的に必見、のブログだと思います。
The Art Of Puttingのページには上の大きな文字をクリックしてジャンプします。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-29 12:12 | GENERAL
2007年 04月 28日

ARTIST SERIES by Bobby Grace 〜アーティストシリーズ

a0093304_1645556.jpg


2004年頃に作られたボビーグレースのアーティストシリーズのプロトタイプです。
303ステンレスの100%ミルドで作られたスタンダードなロングネックのアンサー型です。
一番平凡な分、かえって出来不出来が出やすいのですが、特にネックのピラー部分あたり
を見るとやはり良く判っている人が作ったパター、という感があります。


a0093304_16522329.jpg


かなり深く入ったフェースのミリングマーク。打感の柔らかさを出す為でしょうか。
3面に分割されたソールの真ん中の面のスクープ角もピンアンサーのように
大きめにつけられているように見えます。細かい部分にも気を配ったデザインだと思います。
販売されたARTIST SERIESはロングネック以外にコンベンショナルなアンサーネックの
モデルなど数種類あったようです。 これは発売前のプロトタイプを貰ってきたもの
なので、実際に売られたものがこれと同じなのかどうかは定かではありません。


a0093304_16583642.jpg


a0093304_16585780.jpg


グリップのロゴ色やパターカバーの色使いも「上級モデルっぽい」シックなものを
選んでいます。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-28 17:00 | BOBBY GRACE
2007年 04月 27日

GRAND GOLFのパター TAG



a0093304_15101045.jpg


アメリカの気鋭のクラブデザイナーLANE PETERSON率いるGRAND GOLF DESIGN社のパターです。
「新進気鋭の」「若き」という枕詞をつけるのも憚られるベテランの彼はもともと
アメリカの中堅ブランドのR&Dとして台湾や韓国で物作りを担当していました。
その後独立し、自らGRAND GOLF DESIGNを立ち上げました。「TAG」というブランドの
ドライバーを中心としたクラブのラインを確立し、香港・シンガポール・タイなどアジアの
国々を中心に展開してきました。日本でもかつてTAGのクラブは代理店さんが扱っていました。
イノベーション&テクノロジーに純化した物作りで、機能美溢れるクラブを数多く送り出しています。
カリフォルニアから台湾にオフィスと工場機能をシフトし、本人も台湾に移り住んで
日々ゴルフクラブの事ばかりを考えている不思議なおにいちゃんです。


a0093304_15102563.jpg


パターはGRAND GOLF DESIGNの台湾オフィスのグランドオープンの記念に作り、
数量限定で配られたり販売されたりしたうちの一本です。
303ステンレスの100%ミルドでキャビティの周囲にアンダーカットを施してあります。
細かい事ですが、このへんの処理が高い技術力と「手を抜かない」という姿勢を
表しています。


a0093304_15104093.jpg


ややロフトとネックの角度がきになるトップビューです。ハンドファーストに構える
タイプの人には違和感がかなりありそうです。トップブレードやフランジの直線は
すべてピタっと決まっていい感じです。

a0093304_15105460.jpg



GRAND GOLF DESIGNは現在は「BEAT」という新しいブランドのドライバー、FWを
展開しています。 
少々理屈っぽいのが玉に瑕ですが、とてもスタイリッシュなウエブサイトは一見の価値ありです。
GRAND GOLF DESIGN 社のHP
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-27 15:16 | OTHER PUTTERS
2007年 04月 26日

衝動買い

a0093304_18264033.jpg


そうは言っても以前から買いたいなあ、とヨドバシの売場でトランペットの欲しい黒人の子供状態で
眺めていたんですが…買っちゃいました。銀座のマック屋さんで。


冷静な時にはそれでも「いっちゃん安いヤツの本体だけを買おう」と考えてましたが、
いざズラっと並ぶ各機種を見てると「いや、どうせならメモリ1GBは必要だし、
80GBは要るしなあ…」と欲が出てしまい、結局1ランクアップの


a0093304_18304681.jpg


↑コイツにしました。 しかも「本体だけよ」の掛け声もどこへやら↓


a0093304_1832296.jpg


コイツら合計で5万近くアップです。もともと指が不器用なのでマウスが無いと
ポインタがどこへ行くか己の意志ではどうしようもない、というレベル。マウスは
必須です。3年間のアップルケアと1年間のPRO CARE(これはアップルストアでの
レッスンやレクチャー、持ち込み修理等に使えるらしいです)は店員さんの言いなりです。
結局これだけで20万円也。 痛すぎる出費です。
さっそくこのブログも新しいMACBOOKで…と言いたいところですが、買い物だけで
力を使い果たしてしまい、本日は開梱と付属品の確認までで終了。
明日はさっそくつないでみようと思います。なに、うまく行かなくてもPROCAREが
あるからいざとなったら店に持って行けば大丈夫。


a0093304_1838360.jpg


付属品です。ノートPCになんでリモコンが付属しているのか、オッサンにはさっぱり判りません。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-26 18:38 | GENERAL
2007年 04月 25日

THE BRITANNIA PUTTER 〜ブリタニア号のパター

a0093304_15592215.jpg


クラッシーなL型のパターです。黄みがかったミラー仕上げのヘッドで見た目取り立てて
これといった特徴もありません。


a0093304_1612372.jpg


シャフトには BRITANNIA PUTTER ST. ANDREWSとロゴが入っています。
このパター、実はヘッドが英国王室船ブリタニア号のスクリューから作られています。
スクリューから作られたゴルフヘッド、というとQE2=クイーンエリザベスⅡ世号のものが
有名ですが、こちらは何と言っても「ロイヤルヨット」です。
QE2の売りが「貴婦人」なら、BURITANNIAは「女王陛下そのものがお乗りになっている」
という筋目の正しさが売りです。
今では退役し、エジンバラのリーズ港で静かな余生を送っているブリタニア号ですが、
女王陛下、チャールズ皇太子、故ダイアナ妃を始めロイヤルファミリーの公式外遊や
家族旅行に、まさに七つの海を走り回りました。 香港返還の時に帰国する総督を
迎えに来たのもこの船でした。

英国王室は商売が好き、という伝統に則って、消耗品であるスクリューも売りに出されます。
暖簾の切り売り、としばしば揶揄される商法ですが、なかなか逞しく好感が持てます。

安っぽいコーティングの紙箱、観光地の団子屋で見かけるような赤いフエルト、
そして何故かカーボンシャフト。 仏作って魂入れず、とはこの事です。 惜しいなあ…。


a0093304_16143690.jpg



現在のブリタニア号についてはこちらのサイトでご覧になれます。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-25 16:16 | OTHER PUTTERS
2007年 04月 24日

KATSU YAMAMOTO 9706 マレット

a0093304_17312936.jpg


パター職人山本克洋さんのパターです。
軟鉄削りだし+ガンブルー、という一番手間がかかり、かつ数をこなせない製法の上に
フェースにインサートまでしている為、本当にびっくりするぐらい少量生産でした。
これだけで生計を立てようとしたら一本10万円でも無理なのですが、もともと
組み立てや修理の仕事が引く手あまただったのでコツコツと手間を惜しまず作っていた
パターの1モデルです。


a0093304_1736090.jpg


97XXというモデルナンバーの「97シリーズ」と名づけられたシリーズのうち、
9704, 9705, 9706がキャビティマレット型でした。
この手の形状のパターで削りだしガンブルーというのはありそうでなかなかありません。
なにしろ手作業=研磨+磨き込み、という工程に一番の時間を割く関係で、出来るだけ
仕上げの必要な部分の面積は小さいほうがいいからです。
画像で見て取れる通り、ソールが平面で、しかも周囲がきれいにラウンドしているので
これを鏡のように磨くのは本当に面倒だと思います。採算考えたらまずやらないでしょう。

商業ベースに乗らない商品の宿命で、「いい物を手頃な値段で…」という理想は
残念ながら限界があります。 妥協する事を知らない職人さんは「作るのをやめる」という
選択をしました。勿体ないような潔いような…
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-24 17:42 | KATSU YAMAMOTO
2007年 04月 23日

ACUSHNET BULLSEYE ブルズアイのモデル

以前に「アクシネットブルズアイのモデルの種類がどれぐらいあるのか判らない」といった独り言を書きました。
もちろんそんな愚痴に付き合ってくれる奇特な方もいるはずも無く、謎は謎のまま終わるんだろうな、
と思ってました。なんでか判らないのですが、ブルズアイはコレクター心をくすぐらない
ブツのようで。

灯台もと暗し、というかまあ当たり前と言えば当たり前ですが、答えがアクシネットのサイトにありました。
探し方が悪かったんですね。「ブルズアイ モデル」「ACUSHNET BULLSEYE MODELS」
等々GOOGLEで探したのですがひっかからなかったページは「ACUSHNET ARCHIVES」という
検索語でようやく見つかりました。

そのページよりパクリました。全モデルは(アクシネットが正しければ)以下の通りです。

Original: Medium weight, rounded toe, flat top. For right or left handers.
Old Standard: Medium weight with square toe and top blade. Sight line
Standard: Medium weight with rounded toe and top.
Light Blade: Like Old Standard but lighter, narrower.
Heavy Blade: Like Old Standard but with heavier, wider blade.
Bull's Eye Junior: Standard blade. 30" shaft. Scaled-down grip dimensions.
Heel Shafted Flange: Medium-heavy weight. Offset hosel. Sweet spot slot for improved feel and alignment.
Heel Shaft Flange II: Like the Heel Shafted Flange but without the Offset.
Wide Flange: Heavy, wide flange for low concentration of weight. Sweet spot slot. Idea. for large or slower greens.
Wide Flange Offset: Same as Wide Flange but offset.
Flange: Medium weight, slightly offset. Single sweet spot sight line.
LaFemme: Light weight for the woman golfer. Rounded toe, top and flange.
Left Handed Flange: Like the Flange but for the one out of every dozen golfers who plays left-handed.

これを定規にして手元にあるブルズアイのパターを検証してみたいと思います。
・・・近日公開、出来るかなあ。 
a0093304_1865942.jpg
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-23 18:07 | BULLSEYE
2007年 04月 22日

KATSU YAMAMOTO 2000 SERIES

軟鉄削りだし+ガンブルーの美しいパターとして名高かった「カツ=ヤマモト」ブランドの
パターのエクスポートバージョンが「2000シリーズ」です。


a0093304_11153986.jpg


画像のモデルは2006SLです。2001から2007までの連続したモデルナンバーの7種類の
ヘッドが作られ、トップブレードに楕円のポイントがあるモデルと楕円が無く、フランジに
サイトラインがあるモデル(SL)があります。


a0093304_11183934.jpg


軟鉄ガンブルーのパターは海外(主に韓国や香港、タイなどのアジアです)でも評価は
高かったのですが、1)関税などの問題で価格が高くなる 2)生産量が極端に少ない
為、常に足りないor納期がかかる 3)ガンブルー仕上げの為、輸出入の間にサビや
キズの問題が起こる という理由からそれらのリスクを避ける為に作られたのが
このステンレス+カッパーフェースの2000シリーズです。
とはいえ、随所にこだわりが感じられる手間がかかったヘッドだと思います。
カッパーの柔らかい打感とフェース面のフラットさを残す為にフェース部分にはメッキ
をしていません。多分ヘッド一つ一つ、メッキの際にマスキング処理をしてるのでしょう。


a0093304_11254819.jpg


トップから見ても、光の反射やトップブレードラインのダレが感じられないように
気を使って仕上げているのがわかります。
最近の大型ヘッドより、こういったトラディショナルなブレード型やアンサー型のほうが
少しの不具合や不出来が違和感となって露見しやすいです。

他のモデルについては順次アーカイブで紹介したいと思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-04-22 11:29 | KATSU YAMAMOTO