カテゴリ:BOBBY GRACE( 28 )


2010年 02月 10日

Artist Series AS2 by Bobby Grace ON SALE

バタバタ続きで更新もままならない状態から
ようやく抜け出しつつあります。
サボリっぱなしで申し訳ありません。
取り急ぎ、Bobby Grace Artist Series AS-2のスペックです。


総重量;527g スイングウエイト;D4+
長さ;33.75" (多分Bobbyさん基準では34インチです...いつも短めなので)



a0093304_1553785.jpg


このパター、送り返すのも面倒くさいからPayPalで決済して買っちゃったんです、実は。
カード会社から請求来るまでコロっと忘れていました。貧乏なクセに。

ええと、とりあえずご購入に興味のある方はクローズドコメント、もしくはこちらのメール(クリックするとメールソフトが
立ち上がります)までお送り下さい。


a0093304_1553588.jpg


このパター(Bobby Grace Artist series AS-1 LN)については以前にアップした記事をご覧下さい。
重量、バランス、長さ等は今週早々にアップ致します。
私のヘボな画像で見ても綺麗なパターですが、実物は見応えアリです。
革のグリップとかAMEのスナップオンのカバーとか、細かいところもカッコいいのですが、
とにかく「手のかかった」パターだと思います。


a0093304_15561352.jpg


さてお値段ですが、安くしてもらったのとまあまあ有利な為替レートの時に決済したので。。。
そうそう思い出してきました。円安になったら嫌だからリアルタイムなレートで決済出来るPayPalを
選んで先物買いしたんでした。いやホントにすっかり忘れてました。
ええと、64,500円プラス送料です。送料は日本国内であればだいたい1,000円ぐらいでしょうか。
海外の方にはEMSでお送りします。


a0093304_1621667.jpg



ソリッドフェース、複合素材も捨てがたいのですが、なんというかこの感じがたまらないです。
昔はこれが当たり前だったのですが、今は何かフェースが単一なほうが珍しいですね。隔世の感というんでしょうか。


a0093304_1641919.jpg


オークションに出品しようと思ったのですが、とりあえず勝手知ったるブログで皆さんに先に
見ていただこうと思いました。
それにしても最近の物忘れの激しさは・・・我ながら呆れます。

このAS-2パターについてのBobby Graceさんのサイトのページはこちらです

[PR]

by greishi_7146 | 2010-02-10 15:40 | BOBBY GRACE
2010年 01月 26日

Distance control 〜Bobby Graceさんの解説


Golf ChannelのエディターをしているAdam Barrさんのページ
にBobby Graceさんの動画が出ています。
(上の色違いの文字をクリックしてジャンプしたページのBobbyさんの画像をクリックすると動画がスタートします)
先日、Golf Channelが取材に来た時のやりとりの一部です。Bobbyさんの工房(マシンショップ)の様子や、ヘッドの切削〜研磨の光景が垣間見えて面白いです。 
その中で、先日のクイズの答え「パッティングの一番重要な要素は距離のコントロール」という事に
関する説明と、それをどう解決するか、という話が出てきます。

ボールの硬さとの相関関係、フェース素材とボール素材の相性などにも言及されています。
ここまで考えないといけないほどパットは重要なんでしょうね、特にツアープロにとっては。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-01-26 12:58 | BOBBY GRACE
2010年 01月 20日

Sony Open in Hawaii


Putters in play at the Sony Open in Hawaii Players in Play:
Jesper Parnevik (F-22 Center/ HSM/ 35")
John Daly (AMG 4 diamond/ Gun Blue/HSM/35")
Rory Sabbatini (AMG 4 diamond/Gun BlueHSM/ 35")
Robert Allenby (M1-HSM)
Dean Wilson (VIP-Tour Mallet/Radius Roller/ 35")



( )内のイタリックはモデル/フィニッシュ/フェースインサート/長さ等のデータです


という報告をBobby Graceさんからいただきました。
各モデルの画像とか送ってくれればいいのにな、と思いつつアップします。
リクエストは出したのですが、なにしろ今月末のオーランドショウに出展するみたいなので、
今頃は大忙しで私ごときに構っている暇は無さそうです。

John Dalyさん、個人的に応援していたんですが予選は通りませんでしたね。
[PR]

by greishi_7146 | 2010-01-20 16:55 | BOBBY GRACE
2009年 12月 18日

Bobby Grace Quiz〜答え合わせ

a0093304_1610507.jpg



先日締め切りましたBobby Grace Quiz。
大勢の方にご参加いただきました。ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
さて、答え合わせです。
What is the most important aspect to putting?
これが質問でしたね。前にも書きましたが"aspect"という単語が非常にファジーというか、
日本語に変換する際にピッタリ当てはまる言葉が見つからず、それがこの一見単純な問題の答えへの
到達を困難なものにしたようです。私の語学力がかなりアレなもので申し訳ありません。
反省を込めて、今回はBobbyさん本人の「解答」を先にお見せします。



Yes by all means. Distance control is the most common flaw of every golfer that usually leads to 3 putts and even worse.
This is the most important aspect of putting to perfect since the goal is two-fold, first to try and make the putt,
but most importantly to leave the first putt very near the hole.
A bad putt is usually short or long by a good amount, but rarely does the golfer miss the direction by such a huge margin.
For instance on a par five when putting for eagle, you hardly ever see the golfer miss a 5o foot putt 10 wide,
but you commonly see the distance 8 feet short or 7 feet long.
Honing in on your "distance feel" early in the round usually results in a lower score and a whole lot of fun.



要約すると
「3パットあるいはそれ以上という結果をもたらす、ゴルファーに共通する欠点、それが『距離の
コントロール』です。
この距離のコントロールこそがパットの要素の中で一番重要な事ですが、そのゴールは二つあります。
『直接カップイン』これがもちろん第一ですが、それにも増して大切なのが『いかにファーストパットを
カップに近づけておくか』という事です。
悪いパットというのは普通かなりショートしたりオーバーしますが、それに較べれば方向性をそこまで大きく
誤るゴルファーはそれほど多くはありません。
例えば、パー5のイーグルパットを想像してみて下さい。15メートルぐらいのパットで2メートルの
ショートやオーバーは珍しくないでしょう。でも、3メートルも横に外すのを見る事は稀だと思います。
ラウンドの最初の方で距離感を研ぎ澄ます事でそのラウンドのスコアは良くなりますし、楽しいゴルフも
出来るのではないか、と思います。」


ふう。
すみません、相変わらず中途半端な意訳で。
もっと簡単に書くとたぶん「だいたいグリーンで叩くのは縦の距離が合わせられないからでしょ。」
という事になると思います。

こうやって書かれると「そうだよなあ」とは思います。
しかし、問題の時点でこの解答に結びつけるのはそう簡単ではないですし、この「正解」も
普遍的なものではなく、たぶんに主観的だからです。
考えてみたら、普遍的な答えがあるぐらいならゴルフ雑誌に毎号レッスン記事が載る訳が無いですよね。

それはさておき、以上が【Bobbyさんの】正解です。
ご回答いただいた方58名様でした。ありがとうございます。
ただお一人、「距離感」と書いた方が正解者です。
正解者の方には明日メールにてご連絡させていただきます。
また、皆様の解答やBobby Graceさんへの質問ご意見等はあらためてご披露したいと思います。

ご協力いただきました皆様には重ねてお礼申し上げます。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-18 17:29 | BOBBY GRACE
2009年 12月 11日

Bobby Grace AMG18 Prototype



Bobby Graceさんから「中々面白いと思うから是非皆さんに紹介しておいて」とメールが来ました。
見て、何か意見やコメントがあったら是非お聞かせください、との事です。

それにしても、最近はBobbyさんを始め、Youtube, Facebook, Twitter の「三種の神器」を駆使して
プロモーションをする人やメーカーが増えましたね。確かにオンタイムで情報をアップ出来る点や、
情報の共有の簡単さ、コストがかからない等々のアドバンテージは大きいと思います。
加えて、既存のメディア(ゴルフダイジェスト誌やGolf Channel)と比較してもユーザーの数が桁違いに多いのも魅力です。
これだけ大きな媒体で小回りが利くというのは画期的ですね。
Bobbyさんもしかしてこのブログもその一環としてとらえているのかも、などとちょっと考えましたが
流石にそこまで期待されてる事もなかろう、と思い直しました。
多分、日本のゴルファー、それもパターが好きな皆さんの生の声や反応を知りたいのだと思います。

クイズは先週末を以て締め切り致しました。
集計し、Bobbyさんに報告した後Bobbyさんから解説が来ると思います。
今しばらくお待ち下さい。
ちなみに、正解(あくまで「Bobbyさんの考える正解」です)を言い当てた方が1名だけいらっしゃいます。
・・・思わせぶりなまま今日はこの辺で。「自分だけが知っている」って快感ですね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-11 16:41 | BOBBY GRACE
2009年 12月 07日

Bobby Grace Quiz

a0093304_19121012.jpg


ボビーグレースさんからのお題
What is the most important aspect to putting?
クイズというか、ちょっとした挑戦状にたくさんのご回答をいただきありがとうございます。
だいたい一定の期間、回答数に達しましたので明日いっぱいで締め切りとさせていただきます。

沢山のご回答の中、実はお一人様がほぼBobbyさんの「正解」をそのまま言い当てています。
正解者一名。このまま明日を終えますとその方がウィナーです。
サイン入りパターカバーが今朝航空便で届きました。
このままか、それとも他にどなたか正解にたどり着くのか。。。野次馬根性丸出しで楽しんでいます。

残り一日、まだ思案中の方はお早めにどうぞ。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-12-07 19:19 | BOBBY GRACE
2009年 11月 20日

Bobby さんからの出題

アンケート企画のお題決めで手こずっている間に「それなら私からお題を一つ」とBobby Graceさんが手を挙げてきました。
アンケートではなく、クイズです。といっても客観的な正解があるのではなく、あくまでBobby Grace
さんの考える「正解」を当ててください、というのが出題の趣旨です。
一種の挑戦状です。これは日本のゴルフ好きとしては是非とも受けて立たないといけませんね。


a0093304_15305653.jpg



What is the most important aspect to putting?

翻訳に今ひとつ自信が持てなかったので原文のまま出題しました。
たぶん「パッティングにおいて最も重要な見地(側面)は何?」とでも訳すのでしょう。
意訳すると「パッティングで一番大切な事は何ですか?」という文章になります。この表現だと
「カップに入る事です」というのが正解になってしまうのですが、もちろんそんな屁理屈のような
答えではありません。また「オレのパターを使う事」などという引っかけもありません。
あくまで「何に最も重点を置いてパットすればよいのか?」というのが設問の意図です。

Bobbyさん曰く、「一番最初に正解を送ってきた人を勝ちにしよう」という事でしたが、
そうするとこの連休中にこのトピックを見る機会の無い方に不公平なので、例によって「ある程度
のご回答が来たら締め切り」というシステムにしようと思います。といってもいつもより早く締め切るのでご回答はお早めにどうぞ。
正解の方の中から、抽選で「サイン入りパターカバー」をお送り致します、との事です(本人談)
締め切り後、Bobbyさん本人による答え合わせと解説があるそうです。



クイズに参加される方は 

1)お名前(ペンネームでもコードネームでも源氏名でも結構です) 
2)クイズの答え;非常に短い言葉です 
3)Bobby Graceさんに一言(これは「もしあれば」ですので省略いただいても結構です。)

以上を
こちらのメール(クリックするとメールソフトが
立ち上がります)までお送り下さい。

*個人情報保護の観点から、ご住所お電話番号等は応募の際には記載しないで結構です。
 (当選者様には折り返しメールでお知らせします)
*締め切りは約2週間後、もしくは一定の応募数に達した時点です。
*いまだに多くの方が見ているブログではないので、それほど競争率は高くありません。



以前の企画にご応募いただいた方も是非ご参加下さい。


ちょっとしたヒント、というか手がかりです。
DAVE STOCKTONがMICELLE WIEに教えたパッティングについてのいくつかのアドバイスのうち、
一番重要だと説いたのがまさにこれだったそうです。
そのアドバイスを直ちに取り入れたウィー選手が、その後すぐにプロとしてツアー初優勝(先週の
ロレーナ・オチョアインビテーショナル)した事からも、ストックトンさんのアドバイスが
的を射たものであったのが証明できると思います。


それでは、皆様のご応募お待ち申し上げております。
それにつけても、随分ととんでもない方角から助け船が来たものです。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-11-20 15:28 | BOBBY GRACE
2009年 11月 15日

L型 〜Bobby Grace AMG Prototype2

昨日アップしたBobby GraceさんのTPA18っぽいL型、気になったのでちょっと本人に質問しました。


a0093304_15572845.jpg


Yes this is going to be a very popular Tour putter as well as custom orders.
This is one of the very best designs of its kind that I have ever done.
Beautiful slopes on the back flange and a generous flange with good headweight.
The sway hosel has a very "Graceful" look to it. This putter sets up very square and stable on its sole.
100% milled from solid blocks of 303 Stainless steel, hosel made by hand separately
and welded on and hand finshed.
This is an insert we made at our Tour Shop and it is .300 deep with great feel.
A super player/collectible for the discerning golfer.



素材は303ステンレス、ブロックからの削りだしでボディを造り、ホーゼル部分は別に手造りし、
それぞれを溶接している、との事。この手のモデルではよく使われる手法ですね。ホーゼルパーツを
別に作る事でバリエーションを増やすのと同時に、別パーツにする事でブロックのムダを少なくする効果があります。
ホーゼルを削りだしにしないのは、多分かなり曲線や曲面の組み合わせに拘った結果だと思います。
フェースインサートはかなり厚くしてあるようです。
カスタムオーダーと市販品の両建てで作るようですが、どのみちAMGシリーズそのものが値段が
高くなりそうなので、市販品との価格差がどのぐらいか次第でどちらを買うかを選ぶ事になりそうですね。


Can be ordered from Carbon steel (and Gun Blue) with 9 weeks lead time. Same price.



最後の一行。
「軟鉄でガンブルーも9週間ほどかかるけど特注で作るよ。値段は一緒で」
・・・うー。このデザインでガンブルーは美味しそうです。相変わらずツボを心得てる人だなあ。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-11-15 16:07 | BOBBY GRACE
2009年 11月 14日

L型 〜Bobby Grace AMG Prototype

a0093304_15134784.jpg


L型の事をちょこっと書き、さあてTPA18型の事も何か書こうかな、と思っていたところにタイムリーな話題です。
Bobby Graceさんのプロトタイプの一つがまさにその形状です。「毎度お馴染み」な感すらある
L型の中では唯一現在でもホットな形状といえるのがこのワイドフランジのモデルですね。


a0093304_15163341.jpg



フェースにはしっかりHSMインサートも入っています。コブラのTPAの時にも黄色いインサートの入った
TPA18モデルがありました。L型のように特に「開いて閉じる」ローテーションの大きいパターに、球離れが
遅く感じる柔らかい素材という組み合わせは感覚的に好き嫌いが分かれる所だと思います。


a0093304_1718057.jpg


いわゆるスタンダードなTPA18型と異なるのはソールです。「Made by Bobby Graceでございます」と言わんばかりの「らしい」ソールです。同じヘッドデザインでラウンドソールのものも
プロトタイプとして作っているようですが・・・これも好みが分かれるでしょうね。
特にこのソールに興味を覚えました。「もうちょっと詳しく教えてくださいな」とリクエストしました。
また何か判りましたらアップ致します。

$675ドル。買っちゃおうかなあ、と思案中です。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-11-14 17:21 | BOBBY GRACE
2009年 09月 29日

マレット2題

先日、Bobby Graceさんの「一点物」カタログをアップしたところ、ご覧になられた方が一本お買いになられました。
お取引はその方が直接Bobbyさんとされたのですが、最初のメールの中継を少しお手伝いいたしました。
その方からわざわざ「ご参考まで」と実物の画像をお送りいただきましたのでアップ致します。


a0093304_152416.jpg


オーソドックスなマレット型ですが、フルサイズマレットの軟鉄+ガンブルーはとても珍しいです。
Bobbyさんの説明によると1018スチール(軟鉄削りだしパターによく使われる素材ですね)だそうです。センターシャフトとヒールシャフト(ベント)の2種類があるそうですが、センターシャフトを
選ばれたのですね。


a0093304_15275058.jpg


これだけ曲面と、面積の広い平面という組み合わせをここまで綺麗にミラーフィニッシュで仕上げるのは大変そうです。
少しでもヨレがあるとてきめんに目立ってしまうミラー+ガンブルー。マレット型のガンブルーが
意外なほど少ないのはこの辺の事情もあるのではないでしょうか。


a0093304_15313199.jpg


比較用に、とお持ちのBobby Graceパターを一緒に並べて撮っていただきました。
実際に投影面積そのものも一回り小さいですが、ガンブルーのパターのほうがトップの周囲のR部分を
かなり大胆に落としている為、より小ぶりに見えます。黒いせいもあり、かなり締まった感じです。


a0093304_15345179.jpg


フェース部分は両者の差が顕著ですね。

お送りいただいた画像をBobbyさんにも送りました。
一緒に写っているパターについてのコメントが返ってきました。


============================================================
Thank you for the pics of the rare Fat Lady with lines and HSM insert in the face.
This is by far one of most unusual and rare Tour Only pieces. The face is super difficult to machine.
The arch of the face actually starts at the top of the face with 4 degrees of loft.
Then the radius begins and loft decreases to 4,3,2,and then 1 at the bottom.
The lines in the face actually help grip the ball since they are so soft. This aids the overspin right away.
If you catch the ball on the upswing it has less loft so it still promotes overspin and not skidding.
He also has the deep face model.
There were only 50 of those made, and most likely only 10 or less with the face custom radius and lines.
Very good find!!!
=============================================================

FAT LADYモデルでフェースにラインとHSMインサートを入れたパター、との事です。
とてもレアで特別なツアー向けパターで、大変に作るのが難しく、特にフェースの4度→1度
と徐々に変化するフェースロフトを一本一本のラインの削りでコントロールしている、という事がよく判る説明でした。
「多分このモデルのこのツアーカスタムは10本も作っていないと思う」というのが
いかにレアなものかを物語ると同時に、すぐに来た長いメールの返信に作り手の思い入れが
たっぷり詰まった一本だという事も表していると思います。

とても参考になる画像でした。
どちらも実物を見た事が無く、多分これからも私が手にする事は不可能なパターだと思います。
貴重な画像をご提供いただきありがとうございました。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-09-29 15:44 | BOBBY GRACE