カテゴリ:BULLSEYE( 13 )


2009年 07月 03日

アクシネットブルズアイ

a0093304_14271271.jpg


まだお持ちの方もいらっしゃる事と思います。
「まだ」が接頭語のように付くのも悲しいものがありますが。

アクシネットブルズアイ。ブルズアイはプレ・アクシネット時代から数えるとかなり長い年月、マーケットやツアーを
席捲したパターです。アクシネットといえば「キャッシュイン型」の代名詞であり、アクシネット=キャッシュインと
言い切ってしまっても過言ではありません。
画像の通り、キャッシュイン型以外にもアクシネットブルズアイは存在します。またキャッシュインの派生型も多く
ラインアップされています。しかしながらキャッシュイン型=ブルズアイ、というイメージがあまりに出来上がっていた為か、
その他のモデルにスポットが当たる事はありませんでした。

ピンがアンサー型=トゥヒールタイプのブレード、の呪縛からなかなか抜け出せなかった、あるいは一世を風靡した
RAM ZEBRAがカマボコマレットと結果として心中してしまった事を見ても、何でブルズアイが形態を変えて
生き残る事が出来なかったかは何となく判ります。
見たことも無い革新的な特徴、他にない独特の何か、一目で判るアイデンティティ。それらが明確であればあるほど
商品は売れやすく、それがある故にそこからの変化が難しいのでしょうか。
雑誌の間違い探しクイズのような上の画像を見ていると、一つの物事が続いていく事の困難さ、逆に変わって
いく事の難しさを思わずにはいられません。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-07-03 14:37 | BULLSEYE
2009年 04月 05日

PRE-ACUSHNET BULLSEYE

「祝新カテゴリ」という事でZERO1さんより画像をお送りいただきました。


a0093304_10154557.jpg


ブルズアイがアクシネットになる前のものです。プレ・ブルズアイとかジョンルータージュニアとか呼ばれるシリーズで、
アクシネット物よりも評価は高いです。コレクション価値というより実戦面での評判が良いのだと思います。


a0093304_10181335.jpg


モデルは「STANDARD」ですね。フランジが無くブレードの薄い、一番有名なモデルです。オフセットも無いので
両面打ち可能です。 それにしても重心深度も重量配分も異素材もなんもないパターです。
これでも当時は「お金がザクザク入るーキャッシュ・イン」だったのだから、他のパターはどれだけ難しかったのかと
不思議になります。

ZERO1さん、貴重なネタ投下ありがとうございました。
しかし、いい感じの色とキズですね、このパター。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-04-05 10:23 | BULLSEYE
2009年 03月 25日

A rainy day is...

a0093304_1222498.jpg



カテゴリに「BULLSEYE」を増やしてブルズアイパターの項を独立させました。
お問い合わせをいただいたのと、以前より検索ワードを時たま覗いた時に必ず入っているキーワードで気になっていたので。

あれだけ一世を風靡したのにこれだけ情報量が少ない商品も珍しい、というのがブルズアイパターだと思います。
何しろピンがシェアNO1の座に就くまで、パターシェアの王座に君臨していたモンスターです。今でいう所の
オデッセイのような存在、それがアクシネット・ブルズアイでした。

Nothing is forever.
永遠に続くものなどありはしないのですが、それにしても見事な消えっぷりです。
しかしながら、未だにファンも少なくないキャッシュイン型だけあって、情報を探している方は多いようです。
ブルズアイの情報を求めてたどり着いた方には少々不親切なカテゴリ分けでしたし、見たくもない他人の独り言に
お付き合いいただくのも申し訳ないのでカテゴリを作った次第です。

どうもいい加減に初めてブログなのでカテゴリも曖昧だったり変な所に紛れ込んでいたりします。
当の本人も過去の自分の書いた物を探すのに手間取っているぐらいなので。。。申し訳ないです。
少しずつでも直していこうと思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-03-25 13:42 | BULLSEYE
2007年 12月 05日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Heel Shafted Flange

a0093304_16444621.jpg


アクシネット ブルズアイのヒールシャフトフランジ型です。
ヒールシャフト=L型 フランジ=ワイドソール、という名前の通り、キャッシュインとは
かなり異なるコンセプトのパターです。


a0093304_16491618.jpg


フェースのリーディングエッジのカーブはキャッシュインのそれと相似形です。
ただ、トップブレードがほぼ真っ直ぐな為トゥの先端の落とし方とネック付け根の部分の
ダレ具合が気になります。 


a0093304_16514680.jpg


ブルズアイの持ち味でもあるなだらかな曲面を持つフランジですが、L型に求められる
シャープなイメージではありません。好き嫌いが出る部分ですがブルズアイの好きな
人にとってはむしろ違和感無く使えるL型ではないかと思います。
逆に言えば、ブルズアイ全盛の頃には好意的に迎えられたのではないでしょうか。


a0093304_1655489.jpg


オフセットがかなりついているのですが、構えてみるとその特性が今ひとつ活かされて
いないように見えます。たぶんネック上方からシャフトの軸線がそうさせているのだと
思われます。これも好みの分かれるところですが、これならむしろオフセットを小さめに
したほうがすっきりすると個人的には思います。


a0093304_1738793.jpg


ネックがライ角どおりに立ち上がっているのでL型の中でもやさしいイメージというより
アイアンの延長であるといった印象が強いです。少しトゥ側を浮かせてフラットに
構えたほうがしっくりくるのかな、と思います。


a0093304_17422040.jpg


パーツは毎度お馴染みブルズアイの定番です。

今でいうならほとんど全てのパターブランドがアンサー型をバリエーションに入れている
のと同じように、当時はL型というのは一種のマストアイテムだったのかもしれません。
T型で我が世の春を謳歌していたアクシネットとはいえそれは例外では無かったのでしょう。
今ではL型はパターのラインアップの中ではかなり優先順位が低いですが、それでも
10種類作ったら1種類ぐらいは。。。という息の長さです。ほとんど見かけない
キャッシュイン型と較べるとL型の人気の根強さがよくわかります。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-12-05 17:47 | BULLSEYE
2007年 12月 02日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Original

a0093304_1743739.jpg



アクシネット ブルズアイのオリジナルです。
モデル番号1番。まさに「オリジナル」なモデルと言えますが、いわゆるキャッシュイン型、
というカテゴリにおいての代表選手とは少々異なります。


a0093304_17455726.jpg


おおもとの形状に差は無いのですが、このオリジナルモデルはキャシュイン型の特徴である
角を落とした丸みのあるトップブレードやソールではなく、エッジのついたままの角張った
作りをしています。


a0093304_17481240.jpg


そもそもこの形状のパターにおいて同義に使われる「CASH IN」と「BULLSEYE」は
もともとは異なるパターです。CASH INはスポルディング、BULLSEYEはアクシネット
(それ以前のものはプレ・アクシネットと呼ばれます。)のパターで、丸みがある
パターはもともとキャッシュインのほうでした。その後広義にキャッシュインは
このような形状のT型パターを指すようになり、またアクシネットもSTANDARDという
丸みを持つモデルが名の通りスタンダードとなりました。
現在、ブルズアイ、あるいはキャッシュインというタイプのパターはほとんどが
この角を落とした丸みのあるモデルとして認識されています。


a0093304_17551727.jpg


ORIGINALとSTANDARDの比較です。ヘッドの厚みはほぼ同じなのですが、面取りを
しているのとしていないのでは見た目の印象がこれだけ違います。
丸みのあるほうを見慣れた目でオリジナルを見るとかなり無骨なイメージがあります。


a0093304_17572481.jpg


このオリジナルには他のモデルについている黒ではなく、茶の革グリップが入っています。
これはモデルで分けられていたのではなく、作られた時期の違いではないかと思われますが、
定かではありません。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-12-02 17:59 | BULLSEYE
2007年 10月 18日

ACUSHNET BULLSEYE 〜La Femme

a0093304_15532556.jpg


アクシネットブルズアイのLe Femme (ラ・フェム)モデルです。
モデル名の通りだとすると女性用として売られていたものと思われます。
フランス語だとなんだかカッコイイのですが、ようするにモデル名が「女」という事ですね。
ソールに「女」と彫ってあるパター・・・風呂屋の暖簾のようです。


a0093304_1558239.jpg


ジュニア用のものとほぼ共通のルックスです。トップブレードの彫りの深い2本の
サイトラインとやや広めのフランジ、丸みのあるトゥなど全体に優しい顔です。


a0093304_1611067.jpg


女性用、とはいえ長さも重量もグリップも、どれをとっても他の一般的なモデルと
較べても差は無いように思えます。


a0093304_1622119.jpg


一般的なフランジモデルとの比較です。ほとんど大きさは変わりません。
この頃、欧米では盛んだった女性のゴルフ。女性用はまずまず大きなマーケットでは
なかったでしょうか。とはいえ当時のクラブ作りのテクノロジーでは女性用だからと
いって極端に男性用との差を出すのは難しかったと思います。言い換えればそれだけ
クラブ作りの「幅」が狭かったのだと思います。
ウッド用シャフトで例えると、今でこそ50グラム以下から100グラム超までの
バリエーションがありますが、当時はスチールシャフトだけでした。そう考えると
性別に限らず体格や体力に応じた個体差を考慮して反映する、という事が不可能
だったのでしょう。



a0093304_168225.jpg


ウッドやアイアンも、せいぜいなんとか軽いヘッドを作って女性らしい(これは今では
ちょっと不適当な表現らしいですね)色のペイントを入れる、ぐらいでした。

日本においてはここ5年ぐらいで急激に女性ゴルファーが増えたと感じています。
以前から「嗜む程度」のいわゆる練習場ゴルファーは多かったのですが、ここにきて
本気でゴルフに取り組む女性も多くなりました。 
ショップには女性用のギアコーナーが出来、女性ゴルフ誌が創刊された最近の流れは、「女性用とレフティは作っても絶対当たらない」と言われた頃を思うと隔世の感があります。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-10-18 16:13 | BULLSEYE
2007年 09月 30日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Wide Flange Offset 34R

a0093304_1675626.jpg


アクシネットブルズアイのキャッシュインタイプの1モデルです。
モデル名は「WIDE FLANGE OFFSET」というらしいですが、「34R」というダブルネームが
ついています。
モデル名どおりにフランジがかなり広くとられています。


a0093304_1617177.jpg


フェース側からの平面図では典型的なキャッシュイン型を忠実に守っています。
お馴染みのシルエット、という感じです。


a0093304_1619318.jpg


モデル名が示すもう一つの特徴はこのネックです。弱めとはいえ、きっちりとオフセットが
つけられています。 後のピンのZING2やPAL2などに使われたようなSの字にカーブを
描きながら前方に軸線を持ってくるように作られた短いネックが特徴的であり、
画期的でもあります。 逆に言えば、ブルズアイのコンセプトであるストレートに
入った軸線=シャフトでボールを打つイメージ、が無いモデルであるとも言えます。
多モデル路線を歩む時の一種の命題だと思います。



a0093304_16253632.jpg


他のフランジ型モデル同様、フランジ部分は梨地になっていて光の反射を防ぐように
気を使っています。 トップブレードセンターには二本の深い溝が切ってあります。


a0093304_16274395.jpg


シャフトは他のモデル同様、リブ付きのつや消しですが、グリップはロゴの入っていない
銀ライン入りの大人しいものが使われています。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-09-30 16:29 | BULLSEYE
2007年 09月 09日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Junior

a0093304_17405917.jpg


ブルズアイのジュニア用パターです。
今ほどでないにせよ、当時もアメリカでは子供が小さいうちからゴルフをさせる親が
少なからずいました。ゴルフコースまでの距離が近いという点と、メンバーシップライフ
というものを一種のコミュニティとして家族ぐるみで気軽に参加するというアメリカの
ゴルフ事情がジュニアゴルファーを作り出していたのでしょう。


a0093304_17443977.jpg


見た目はブルズアイのスタンダードなキャッシュイン型そのものです。ソールにJUNIORの
刻印がなければ一見区別はつきません。 


a0093304_1747616.jpg


トップはかなり丸みの強いキャンバードです。二本のサイトラインがかなり目立ちます。フランジのついていない形状をジュニア用に選んだのはヘッドを重くできない
からでしょう。


a0093304_17483278.jpg


グリップは大人用と同じ皮巻きです。全体の長さが短い分グリップが大きく見えます。


a0093304_17494229.jpg


大人用のスタンダードモデルと較べると一回り小さいです。ブレードも短く、薄いのが
見てとれます。 


a0093304_17513693.jpg


長さは29インチ。総重量はスタンダートモデルの34インチより40グラムほど軽いです。


a0093304_17524025.jpg


当時の日本には子供がゴルフをやる、という環境はほとんど無かったのでこのモデルの
需要も少なかったのではないでしょうか。 小学校時代近所に住んでいた友達で一人
10才頃からゴルフをしていました。彼は練習場のボール集めを手伝うかわりに
タダでボールを打たせてもらい、研鑽の甲斐あり長じてプロになりました。父親が有名な
俳優さんだったのでゴルフと距離が近かったのでしょうが、彼などはかなり特異な
存在で、我々近所のガキ連中も「子供がゴルフって???」と不思議でした。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-09-09 17:58 | BULLSEYE
2007年 09月 05日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Flange

a0093304_16423446.jpg


アクシネットブルズアイのパターです。


a0093304_16421465.jpg


モデル名は「フランジ(FLANGE)」です。その名の通り、背面にはスロープがあり、
それによりソールに厚みを持たせています。 以降に作られたすべてのパターに共通して
言える事ですが、パターはフェース面側よりバック側のほうが投影面積が広いです。
前後対称ではない、という意味ですが。 これに対してほぼ前後対称なのが同じアクシネットの
スタンダードモデルです。つまりスタンダードモデルは裏表がなく左右両打ちであるのに
対し、このフランジモデルはフェース側とバック側が存在します。



a0093304_1648573.jpg


とはいえ、トップビューはびっくりするほど薄いです。ほとんど一本の直線に見えます。
ブレード長も105ミリで、ボールを置いてみると果たしてこれでボールの重みに負けずに
真っ直ぐフェースが出せるか心配になるほどです。
34インチで重量は484グラム、バランスはA8です。ロングパットは大変そうですね。


a0093304_16503251.jpg


STANDARD, OLD STANDARDと並びブルズアイの旗艦モデルです。この後ソールを
さらに広くしたWIDE FLANGE (WFL)が発売され、そちらのほうが当時は人気があった
ようです。


a0093304_16522021.jpg


シャフトはやや浅い絞りのリブが入っています。グリップは正面がかなり平らになった
黒の革巻き。当時の輸入元のアクシネットインターナショナルのステッカーも見えます。

ガッツンガッツンにパットが決まり、賞金が入りまくる事からキャッシュイン、という
二つ名を持つブルズアイですが、今見てみるとこれでパットが決まりまくるというのは
余程当時のゴルファーはパット上手だったんでしょうか。タイムマシンがあったら
その頃のツアープロに2ボールかなんかの今風パターを使ってもらい感想を聞いて
みたいです。a0093304_16591134.jpg
[PR]

by greishi_7146 | 2007-09-05 16:59 | BULLSEYE
2007年 06月 01日

ACUSHNET BULLSEYE 〜Standard

a0093304_16594861.jpg


ブルズアイの中で一番スタンダードな、まさに「キャッシュインといえばコレ」みたいなモデルです。
特徴としてはトゥ側が丸く落としてあり、トップブレードが直線的な事です。


a0093304_1711753.jpg


バック側…といってもこのパターはオフセットもなければティルトも無いので、左利きの
人がそのまま使えます。その場合はこちら側がフェース、という事になります。


a0093304_1725265.jpg


一本の棒のようなトップブレードとまっすぐ立ち上がったシャフト。フランジもクランクネックも
無いパターの原点のようなシンプルなトップビューです。


a0093304_1743019.jpg


ORIGINALというモデルのロゴと、共通のACUSHNETロゴ、キャッシュインのマーク
などが入ったソール。幅が狭いので文字数と大きさに悩みそうです。


a0093304_1772271.jpg


a0093304_1774440.jpg


シャフト、グリップともに当時の標準品です。絞りが入っていてつや消し銀色の
スチールシャフトにロゴ入り革グリップが使われています。


a0093304_1792692.jpg


ラベルによると、定価14,500円、輸入発売元はアクシネット・インターナショナルと
あります。 長さが33インチと短めで、その為バランスはB6とかなり軽めです。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-06-01 17:11 | BULLSEYE