カテゴリ:OTHER IRONS/WOODS( 19 )


2009年 09月 18日

美しいもの

a0093304_17235890.jpg


のっけからクラッシーなクラブの画像で申し訳ありません。
ジョージニコルの100周年記念のウッドです。アイアンセット、パターとともに作られて、ウッドは
アイアンセットと組で販売されました。


a0093304_17252924.jpg


スペックはここでは触れません。どのみち今のクラブと比較したら笑ってしまうようなものだからです。
では何故そんな古いクラブの画像をこうして並べ立てているかというと、単に「綺麗だなあ」とあらためて
感じたからです。本当に申し訳ないぐらい単純な動機なのですが。
今のゴルフクラブは、塗装や研磨などの仕上げを見ても本当に完成度が高いです。ヘッドのカラーリングを
見ても、よく考え尽くされ、プロがデザインしたのだろうなと思うものも数多く見られます。
それにひきかえこの当時のクラブは技術的にはまだまだ未熟です。もともと、ボールを引っ叩くという機能の
ゴルフクラブにはファッションはそれほど追求されなかったのかもしれません。


a0093304_17301530.jpg


これら3枚の画像は、どれもプロがスタジオで撮ったものではありません。私が事務所の片隅で
適当に置いてデジカメ(当時たしか400万画素ぐらいのヤツでした)で撮ったもので、決して写真の
クオリティは高くありません。それでも、何か見る側を引きつける美しさがあると思う、のは私だけでしょうか。
もちろん、最近のクラブには当時のクラブにはない機能美もあります。工業製品としての成熟度で言えば、
大人と子供、ぐらいの差はあると言っても過言ではありません。
ただ、今のクラブにここまで惹かれる事が正直あまりないのです、私は。

どうしてでしょうか。トシ取ったからなのか。それとも美的感覚がかなりアレなのでしょうか。
たぶんどちらもあるとは思うんですけど。



a0093304_17351058.jpg


鍛造のDCIアイアンです。確かヘッドは三浦技研さんの手によるものだと記憶しています。


a0093304_17361957.jpg


なんというか、「静かな凄み」みたいなものを感じます。

どちらもそうですが、使いやすいとかやさしい、という本来ゴルフクラブにとって一番大切な要素で
語るべきものではなさそうです。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-09-18 17:37 | OTHER IRONS/WOODS
2009年 04月 10日

KEN'S CHAMP

早いものでこのブログを初めて2年半。アップした独り言は700を超えました。
書いている当人ですらややうんざりするほどの量なので、うっかり何かの拍子に迷い込んでしまった方は
さぞげんなりしているだろうな、と思います。



a0093304_14442832.jpg


そんな中、本当は多くの項を割きながら書いておきたいのに、なんだか筆が進まないまま放ってある話題があります。
KEN'S、というブランドです。「ケンズ」「ケンズチャンプ」という名前、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかも
しれませんね。 世界初、メタルウッド対応で50グラムを切ったシャフトの名前であり、「地クラブ」ブームのはしり
のようなブランドです。

なぜ筆が進まないかというと、どこから書き始めればいいのか、そしてどこまで書くのか見当が付かないからです。
そもそも、ピンの事や古いパターの事と違って、果たしてご存じで興味がある方がいらっしゃるかどうかも疑問です。
ブログ、というものは本来が日記や備忘録のようなものです。なので、そういう意向を一切考慮に入れず、書きたい事を
好きなように書いても一向に構わない、と言えなくもないのですが。。。そういう訳にもいかないと思います。
2年半に渡って「ねえねえ、こんなの書いたよ。見て見て!!」と得意げにお母さんにお絵かきを披露する子供の
ように皆さんに下手な文章を押しつけてきましたが、やはりそこ線引きは必要だと思います。
じゃあ書かなきゃいいじゃねえかよ、と言われればそれもそうなのですが。。。ううむ。

今日こそ書こう。これから書いていこう、と思っては先延ばしにし、結局今日も書けません。
それだけ書きたい事が自分にとっては大事な事だとも言えますが。

・・・ケンズ、ご存じですか? 
[PR]

by greishi_7146 | 2009-04-10 14:56 | OTHER IRONS/WOODS
2009年 03月 30日

BLADE IRON 〜マッスルバック

a0093304_1811018.jpg


ちょっと前、といってももう30年以上ですか、この手のアイアンが「現役」だったのは。
アイ2ブームでようやく日本でもキャビティアイアンが市民権を得た頃、当時の名器といえばGolden Ramであったり、MacGrogor,Spalding, Wilsonの御三家であったり、Lynxであったりしました。要するにブレードアイアンは
キャビティアイアンより一段上に位置していたんですね。


a0093304_1851423.jpg


「やさしい」キャビティアイアンを使っていると「そうまでしてスコアアップしたいのかねえ」などと情けないヤツ扱い、
うっかりブラックシャフト(グラファイト、ですね)でも使おうものなら白眼視されかねない、そんな時代でした。
例えは変かもしれませんが、今で言うとチッパーを使っているぐらいの見下されっぷり、それがキャビティ使いでした。

当時、勿論ピン側の人間として、当たり前のように使いやすいクラブでいいスコア出して、何が不都合なんですかあ???」という
感情でそんな「自称上級者のヤッカミ」を聞いていましたが、それでも認めざるを得なかったのはブレードアイアンの端正な顔です。
気品溢れる顔付きのものもあり、野武士のような無骨な顔も。いずれ劣らぬ切れ味はまさに「ブレード」でした。
それからほどなく、結構あっという間にブレードアイアンは姿を消しました。勿論、ミズノやタイトリストで今でも
元気に残ってはいるのですが、当時の隆盛ぶりの面影はありません。
今ではブレードアイアンにスチールシャフト、なんて組み合わせのアイアンを使っている日にゃ「アスリート君」とか
「筋肉バカ」とか言われる始末です。

美しい顔、見応えありますね。
[PR]

by greishi_7146 | 2009-03-30 18:12 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 10月 10日

14本目のチョイス

ゴルファーがプレーに使用出来るゴルフクラブは14本まで。
余程のプレイベートでもこのルールに対しては皆さん厳しく己を律しています。
逆に殆どのゴルファーが14本目一杯持ってラウンドします。ルールの範囲内でルールを
最大限に活かしてプレーをするのはある面当たり前でしょう。
なのでここでは14本のクラブを使ってゴルフする、という前提でお話します。

14本目のクラブ・・・こう書くと多くの方がパターの事だと考えます。
「ドラにFWにアイアンサンドまでで。。。で、パター」という具合です。長いほうから
挙げていくのでどうしてもパターは最後にカウントます。それ故しばしば14番目のクラブ、
というようにも考えられがちですが、パターは実は1本目のクラブであり、1番目のチョイスです。
「今バッグに入っているクラブを一本だけ抜いてプレーするとしたら?」という問いに
いきなりパターを抜く人はいません。それどころか、一番最後まで抜く事が出来ないクラブはパターです。
一番最後までバッグに残るクラブ=1番目のチョイス、という事です。

さて、そこで14本目のチョイスです。上の言い方に置き換えると「一番最初にバッグから
抜くクラブ」という事です。言い方は悪いのですが一番優先順位が低いクラブ、あるいは
他の13本を選んだ後の「追加クラブ」です。こう書くと何だか「どうでも良い一本」
のように響きますが、これまた逆です。パターを筆頭に半ば義務のように入れたクラブの残ったスペースの
最後の空きを占めるクラブなので、そこには使う人の切実な意志が反映されます。


a0093304_16583586.jpg


14本目は人それぞれです。ユーティリティであったり3本目のウエッジであったり、
あるいは高番手FWなど。選ぶ理由も距離のギャップを埋める為等の積極的理由から
苦手なバンカー脱出専用、というような切羽詰まったものまで様々です。
共通して言える事は14本目こそがゴルファー一人一人、その人の個性が一番見える
クラブだという事です。

画像のクラブは「チッパー」と呼ばれるクラブです。アプローチに特化したクラブです。
7番アイアンやウエッジでピタピタ寄せが決まる人にはまず用はありません。
どちらかというと「切羽詰まった需要」に応えるクラブです。
ゴルフ業界では「ニッチ」と呼ばれるジャンルです。


a0093304_174155.jpg


個人名を出すのも申し訳ないですが・・・正直な人なんですね。

プロダイン、というブランドがあります。。。ありました。
元々はアメリカの歴とした総合クラブメーカーのブランドです。後年日本ではこの手の
「ニッチ(隙間商品)」「お助けクラブ」で有名でした。
コンセプト、商品、デザイン・・・イージーに作られがちなこの手のクラブにしては
とてもスタイリッシュで主張のあるクラブは思いの外幅広い層に支持されていました。
このブランドについても話すと長くなります。また「身内」なのであまり手放しに
褒めるのはちょっと問題ありそうなので書きづらく、ここまで放置していました。
当ブログにお問い合わせをいただく事も多く、そろそろ書かなきゃな、と思案しています。
まあ、ピンと違ってそれほどすごいストーリーなどはあるべくもないのですが。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-10-10 17:11 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 04月 06日

ヒッコリーのウッド

a0093304_1613277.jpg


スコットランド製の木製ウッドです。
こうしてあらためて見るとかなり小さいです。今のユーティリティクラブよりも投影面積は小さいです。



[#IMAGE|a0093304_16152576.jpg|200804/06/04/|left|1024|768


いわゆるロングノーズというヘッドだと思います。まだガタパチャとかフェザリーとか
いったボールを引っぱたいていた頃のクラブです。
この画像のものは「もちろん」レプリカです。それでも20年は経っていると思われます。
NIBLICKアイアンの時にアップしたレプリカのアイアンと対になっている
(あるいはウッド、アイアンのセットの一部)クラブです。その為シャフトに焼き印
されているシリアルナンバーが2本とも同じです。


a0093304_16204345.jpg


こういう訳ありっぽいロゴや絵柄が入っていると「レプリカですよ」と判りやすいですね。
オリジナルには絶対入っていませんから。
しかしながら、レプリカとしてはなかなかちゃんと作ってあるように見えます。
ヘッドの塗りもムラが無く丁寧です。


a0093304_16232125.jpg


インサートは2カ所です。後方は鉛の埋め込みで、こちらは重量を出すためですね。
フェース側は木です。多分このリーディングエッジ部分が削れたり傷だらけになったり
するのでここだけアアタッチメントにして交換出来るようにしているのでしょう。
ソールプレートの前身のようなアイデアだと思います。


a0093304_16262783.jpg


長めに巻かれた糸とバックスキンのグリップ。どちらも今ではやろうとしても素材も
手間もかけようがない分野です。もっともスコットランドでは当たり前に現存していそうですが。


a0093304_16283294.jpg


44.5インチ、407gでD7... 数字だけ見るとまあ何とか重いなりに使えそうなクラブの
ようですが、練習場で引っぱたいたらどんな弾道でどのぐらい飛ぶのでしょうか。
・・・これだけ小さいとまともに当たるかどうかがまず心配ですが。

トップのラインがフェースを包み込むように凹のカーブを描いている所など、
少々違和感はあるものの随所に工夫は見てとれます。言い換えればそれだけ
当時のクラブは難しかった、という事なのかもしれません。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-04-06 16:32 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 03月 19日

Spalding Elite Plus Irons

a0093304_16103547.jpg


80年代のスポルディングのアイアンです。
モデル名の「ELITE」はSpaldingの大看板の一つで、この名を冠したクラブや
ボールは各時代にまたがって存在します。
Top Flite Executiveの時にも書きましたが、それゆえアイデンティティを特定しづらい厄介さもあります。 
資料が少ないのでグーグルで検索しようとしたら自分のブログがトップに出ました。
こんな過疎ブログがてっぺんに来る、というのはそれだけ情報が少ないという事です。


a0093304_16181049.jpg


コンポーネントは4番から11番の8本組です。10番=PW, 11番=SWです。
丸みを帯びたやや広めのキャンバーソールで、当時としてはプロモデルというより
やさしさを前面に出した量産型っぽいので、3番はもとから入っていないのかも
しれません。
シャフトに「MADE EXCLUSIVELY FOR JAPAN」というラベルが巻いてあります。
当時よく見られた日本向け企画商品のようです。スポルディングとウィルソンは共に
アンダーライセンス商品を扱っていました。大手量販店や販売代理店(卸業)に対して
その顧客独自の企画商品を生産し販売するというものです。顧客が製造からすべてを
コントロールし、何%かのライセンス料を払うという形態もとられていました。
当時は「モノポリ」と呼んでました。
ただし、ELITEのような金看板はそういったモノポリには使わせてくれなかったので、
このアイアンはスポルディングの企画物である事は間違いないでしょう。


a0093304_16283382.jpg


シャフトはTRUE TEMPERのMEDIUM, グリップはSPALDING ELITEのロゴが入った
オリジナルものが使われています。5番で37.5インチ、C9+/406gと非常に
オーソドックスです。日本向け、という特別さはスペックからは感じられません。
もっとも、当時の企画商品はだいたいこんな感じです。短くしたり、軽くする必要も
なく、また反対にそうする事で売れないリスクのほうが大きかった時代でした。

グースもそれほどついていないし重心も高そうなのになぜかやさしそうに見えるアイアンです。
構えてみるとフェース全体でボールを包み込むような柔らかい顔をしています。
そのぶんシャープなイメージには欠けているようなので、いわゆるマッスルバックの
ブレードアイアンとはちょっと印象が異なります。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-03-19 16:37 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 03月 10日

SPALDING TOP FLITE EXECUTIVE

a0093304_1882067.jpg


スポルディングのアイアンセットです。
アイテム名は SPALDING > TOP FLITE > EXECUTIVE > REGISTERED というカテゴリ順に
なっています。 名門スポルディングにはELITE, KRO FLITE, CUSTOM MADE等々の
いわば「名跡」のようなものが多くあります。EXECUTIVEもその一つです。
これらの名跡は落語、歌舞伎などの伝統芸能のように代々形を変えながら受け継がれ、
それゆえ同じモデル名の全く違う品物が数多く存在します。
これもその一つです。なので逆に年代やアイデンティティが今となっては特定できません。
たぶん80年代半ば〜後半ぐらいに作られたものだと思われます。



a0093304_1814515.jpg


ブランド名の書体やマークのデザインである程度の年代は特定できるはずなのですが、
スポルディングはどういう訳か系統立てて資料として残しているコレクターさんも
いないらしくあまり資料が残っていません。(このあたり、アクシネットのパターや
スロットラインなどと似ています)
薄いブレードのあまり簡単そうには見えないアイアンです。やさしさよりも精度に
こだわって作られたようです。いわゆる「レジスター物」で、シリアルナンバーが
刻印されています。スポルディングのアイアンの場合、刻印のナンバー入りのものは
「ヘッドの重量管理をちゃんとやっている物です」という事なので、ストアラインの
アイアンではなく、グリーングラスアカウント向け(あるいは日本向け)の物だったの
だろうと想像できます。


a0093304_18204097.jpg


打球痕もある中古品です。グリップはオリジナルのものではなく懐かしの「アリガゴルフ」のものです。
シャフトはTRUE TEMPER DYNAMIC 5.0が入っています。
昔のアイアンなので重くて短いです。5番で37", D3, 429gです。
あらためて構えてみると、良く言えば精悍な、正直に言えばいかにも難しそうな顔です。
これでちゃんと当たるようになるまで練習したら本当にアイアン上手になれるだろうな、
と思います。 また、ちゃんと使える人にとってはスパっと気持ちよく打てて
精度も高いアイアンなのだろうな、とも思います。
・・・まあ私のようなヘタレには使えないので使いませんが。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-03-10 18:26 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 02月 28日

EYE-O-MATIC

a0093304_1492892.jpg


昨日マグレガーのTourney M85Wを載せた時にEye-O-Matic(アイ・オー・マチック)に
ついて書いたのですが、能書きばかりで肝心の画像がありませんでした。
こんな感じです。セットアップの画像というのは中々見た通りに写らないので今ひとつ
すっきりしないのですが、ご容赦ください。たぶんカメラはレンズ一カ所から見える
ものを単眼で写すのに対して、人間は複眼だからなのでしょう。


a0093304_14133418.jpg


ただ黒いというだけではなく、上下のインサートが白いので余計にインパクトエリアが
浮かび上がって見えます。なんとなく「ああ、この黒い面でボールを叩けばいいんだ」と
決め打ちできる安心感があります。



a0093304_14153433.jpg


ついでにトゥ側↑とヒール側↓からです。


a0093304_14244263.jpg


久しぶりに木のウッド(変な言い方ですが)をじっくり見たせいか、普段あまり見ない
ゴルフの夢を見ました。小さくて重いパーシモンウッドを使っていた頃、ゴルフは
もっと難しく、かつ気難しくて敷居の高い遊びだったように思います。
練習場も今のように明るくて綺麗なアミューズメントパークのような雰囲気はなく、
どちらかというと梁山泊のような取っつきにくさがありました。ショップさんも然り。
コースに出れば出たで先輩メンバーさんはなんか怖くて、ベテランキャディさんも
客商売とはいえ厳しかったように思います。 背伸びして腕に似合わないクラブなど
持って行った日には「おにいちゃん、それじゃあドライバーが可哀想だよ」ぐらいは言われましたね。
今のゴルフはカジュアルで肩が凝らないので大好きです。でも時々、前日から胃が痛くなる
ような張りつめた気持ちになるあの頃のゴルフが懐かしくもあります。
色々勉強にもなりましたし。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-02-28 14:23 | OTHER IRONS/WOODS
2008年 02月 27日

TOURNEY 〜カッコいいものはカッコいい

a0093304_1651269.jpg


50年以上前のパーシモンウッドです。
MacGrogor Tourney EYE-O-MATIC M85Wというモデル。いわゆる「名器」の誉れ高い
モデルです。Tommy Armour 693と並びウッドの東西横綱という感があります。


a0093304_168468.jpg


玄人好みで、今で言うバリバリのツアー仕様のArmour 693に対してM85Wは構えやすく
難しさを感じさせないどちらかというと「貴婦人」的な優美さを持つモデルです。
Eye-O-Maticとはこのモデルで一躍有名になったマグレガーのアイデアで、フェースを
白ー黒ー白の三層にするシステムです。この事により構えた時に真ん中の黒い部分が
視覚的に浮かび上がり、それによってターゲットに対して自然とフェースの向きが
合うように意図されています。バルジとロールがきつめについている当時のウッドに
おいて、フェースをスクエアに合わせるというのは簡単ではなく、それゆえこの
アイデアはゴルファーにとっては大いなる福音であったと思われます。


a0093304_16105333.jpg


もちろん、機能的には今日のウッドとは較べようもありません。
43.5インチ、D6で363グラム、体積は160ccぐらい。スチールシャフト。
重心距離、MOIや反発係数などはたぶん計測したら笑ってしまうぐらいのスペックでしょう。
ただ・・・美しいんです。 なんというか、とにかくカッコいいんですね。
「じゃあ使うのか?」と聞かれたらNO、なのですが。クラシックカーと同じで、
どんなに好きだからといって、じゃあ首都高をT型フォードで走るか?と言われれば
そりゃあ無理です。
しかしながらこの優雅なフォルムは時代を超越して「そそる」何かがあります。
オイルハーデンとクリアで何とも言えない色を醸し出している点もそそられます。
パーシモンウッドを使っていたかたなら判ると思いますが、綺麗に当たった時の
打球音、手に残る感触はチタンの大型ヘッドのそれとは全く異なります。
ドヨーンとした、それでいていつまでも落ちてこないような今風のドライバーの打球と
違い、パーシモンのそれはナイスショットの時には本当に惚れ惚れする美しい曲線を
描きます。。。滅多にそんな球は出ないのですが、それ故忘れられないのです。



a0093304_16242628.jpg


さすがに460ccでこの形状は無理があるのですが、四角かったり三角だったりする
今のドライバーの中に、一つぐらいこんなオーソドックスな形状の名器が出てきて
欲しいです。 飛距離や方向性だけでなく、心地よい音や感触を求めるゴルファーは
少なくない、と思います・・・って、やっぱ飛ばしたいんですけどね、そりゃあ。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-02-27 16:49 | OTHER IRONS/WOODS
2007年 08月 31日

NIBLICK 〜スコットランド商法

a0093304_1793598.jpg


赤サビの出まくったアイアンです。ヒッコリーのシャフトは大きく曲がってしまってます。
フェースはラインでなく手で入れたような不揃いな点、というかキズというか。


a0093304_17115840.jpg


ソールもバックも平坦で細工も施されておらず、一見してスコットランドの鍛冶屋さんが
農機具作る傍ら作っていた時代のもののようです。


サビとキズでよく見えませんが「CUNNINGHAM C.C. TOUR SPECIAL」「GUARANTEED
HAND FORGED」という文字とNIBLICKという番手表示が見えます。かなりロフトは
寝ていますが当時の9番アイアンという事ですね。


a0093304_17155391.jpg


グリップは薄いバックスキンでウッドのネックに使われるのと同じガットで留まって
います。



かなりの年代物かと思うと実はそうでもないらしく


a0093304_17174075.jpg

どうも復刻版のようです。 
まさか、とは思いますがこの赤サビやキズも人工的に付けたんでしょうか?
シャフトの曲がりは・・・?

このレプリカなぞは「レプリカで〜っす」とちゃんと謳っているからいいのですが、
中にはそうでないものもあるかもしれません。
もっとも、スコットランド物のアンティーククラブは相場そのものが立たないので
騙されて大枚はたく人はいないとは思いますが。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-08-31 17:22 | OTHER IRONS/WOODS