THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 29 )


2008年 07月 10日

試練 〜嫌よ嫌よも

a0093304_16493871.jpg



左党にはあまりうれしくない「突きだし」



a0093304_1650449.jpg



エイヒレでもアタリメでもない「乾き物」



a0093304_16513726.jpg



これも仕事のうち、とはいえ・・・あれれ、けっこう美味いなこれ。

さて、早いところ切り抜け、泡のたっぷり浮かんだ苦いヤツの待つ場所へ。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-07-10 16:54
2008年 07月 04日

初夏

a0093304_16401360.jpg


日が長くなりました。
梅雨明けにはまだしばらくかかりそうですが、谷間の夕方はすっかり初夏の趣です。
ちょいと早めに切り上げて軽く飲んでもまだ明るい・・・後ろめたさ倍増です。
(「軽く」飲んだ「だけ」とは思えないほどピンボケなのはご愛敬です)


a0093304_1642666.jpg


陽射しが強くなるとあらゆるもののコントラストがはっきりします。
薄ぼんやりとした晩春の午後や、キリリと厳しい冬の朝、というのも素敵ですが
夏の日中も気持ちが良いものですね。あまり盛夏だとゴルフやってて死にそうになりますが。

オクトーバーフェストってドイツのビール祭り、有名ですね・・のんべえには。
日本では横浜赤レンガ倉庫で10月にやるのが有名なのですが、実は日本のあっちこっちで
やってるみたいです。 東京は日比谷、6月1日まで。いつの間にか始まり、そして終わってます。
この後松本、上越、仙台、清水と順次開催され、横浜でフィナーレです。
オクトーバーフェストっていったら10月なので油断してました。とほほです。
尿酸値と勝負できるいい機会だったんですけどねえ。。。
お近くに会場がある方でプリン体と喧嘩上等!!な人は是非行って見て下さい。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-07-04 17:04
2008年 06月 23日

eBay戦線異状アリ

時間がある時に覗いているアメリカのオークションサイトeBayで最近気になる動きが。


a0093304_1434629.jpg
a0093304_144462.jpg



PING EYE2ベリリウムカッパーがまたぞろ高値になっています。
SW入りの9本セットであれば500ドル近くまで落札価格が上がっています。
特にオリジナルアイ2のほうに高値がつく傾向にあるようです。


a0093304_1413513.jpg


もともと、EYE2特にベリリウムカッパーは日本よりアメリカにおいてのほうが中古市場で
高値がついていました。ユーズドを使う事に対する抵抗やインターネットで物を買う事に
対する慣れ不慣れなど様々な要素がありましたが、一番大きな要素はEYE2アイアンに
対する評価でしょう。アメリカの場合はプラス云々、溝云々の事を一切気にせず
使えるので、そのぶんもプラスアルファに働いていたのかもしれません。


a0093304_14173291.jpg


5年ほど前には日本の中古屋さんで9本3万円以下で買ったEYE2 BCをeBayで高値で
売って利ざやを稼ぐというビジネスも可能でした。現に私の友人がやっていました。
日本の中古は特に大事に使われていたものが多く評判も良いとか。
SW が特に高く売れ、うまくすると日本での仕入れ値はSW一本でカバーでき、残り
8本分が丸々儲け、という時期もあったようです。


a0093304_1421034.jpg


その後eBayでのEYE2 BCの落札相場は急落し、一時期は200ドルあればじゅうぶん
落とせます、という状態だったようです。
ここに来ての値上がりは供給と需要のバランスが再びブツ不足のほうに傾いたせいでしょうか。出回っているセット数は確かに一時期より少なくなっています。
考えてみたら、生産していないモデルなので市場に流通する数(流通可能な数)は
経る一方なので、何かの拍子に需要が高まると相場も上がります。
ピンというブランドが旬である、という事を象徴する一つの現象ではあると思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-06-23 14:26
2008年 06月 08日

アンケート結果〜ゴルフとプレッシャー

先月みなさんにご協力いただいたアンケートを締めきり、集計致しました。
ご協力いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。

今回のお題は「ゴルフとプレッシャー」でした。
色々と興味深い『プレッシャー』をお送りいただきましたので簡単に紹介したいと思います。



a0093304_16104242.jpg



1ゴルフのプレーそのものに関するプレッシャー
 *1mのイーグルパット
 *朝イチのティショット
 *一人で回っている時にコースメンテの人たちが見ている時
 *バックティから回る時
 *距離のあるパー3
 *特設ティからの前進4打目
 *バーディ、イーグルパット
 *アドレスからテークバックを始動する時
 *前半ハーフで45をこえた時
 *朝イチのアプローチ
 *とにかく池越え全般
 *左がグリーンまでずっとOB

2ギア関係、練習など
 *GDOの購入ボタンをポチっとする時
 *投資効果が伴わない新しいクラブやギアに対して
 *使ったプリペイドカードの額が平日1ラウンド分になっていた日曜の練習
 *レフティなので練習場での対面の右打者の視線
 *オークションの出物が安いまま落札できそうな残り1時間

3コンペ、家庭
 *コンペの幹事(一週間前から当日まで)
 *コンペの一番バッター
 *奥さんに言い出せないままのゴルフ前日の夜
 *練習にせよ本番にせよ、ゴルフに行く時奥さんに気を使う
 *コンペの当日、朝寝坊せずに起きられるか
 *とにかくコンペの幹事。段取りやら気配りやら
 *我が家のゴルフエンゲル係数の高さ
 *ラウンドから帰宅して「どこに行ってたの?」と愛娘に聞かれる時

4その他
 *ゴルフにプレッシャーを感じる事などここ数年ありません
 *このままガソリン代が高騰し続けたら、という不安がプレッシャーです 
 *メンバーコースがいつ再生法を出すかが心配です

こうして見ると「あるある」というものから、「なるほどぉ」と気づかされるものまで
色々ですね。 ゴルフというのは刺激的で楽しい分だけ反対側のプレッシャーという
ものでバランスが取れるようになっているのかもしれません。
逆に言えば、これだけのプレッシャーを相殺してなお余りある魅力がゴルフにはある、
という事なのでしょう。
個人的には「コンペの幹事」「コンペ」関係が多いのが盲点でした。なにしろ世間が狭いもので。。。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-06-08 16:11
2008年 06月 01日

TM DISTANCE PLUS 〜テーラーメード初代のボール

a0093304_1593139.jpg


クラブ総合メーカーとしてトップ3に君臨していたテーラーメードが満を持してボール市場に
参入した初代のボールです。何年の事かは記憶が定かではないのですが、300シリーズが
出る前、ちょっと息切れ気味だった時に出てきたと思います。


a0093304_15121733.jpg


ボールの性能そのものの評判は覚えていません。一番のウリがこのスリーブだったように
記憶しています。紙箱が当たり前だったゴルフボールの世界にテニスボールのような
プラ系の、しかも見慣れた直方体ではない形状で出てきたのが印象に残っています。
紙箱とちがってちょっと見栄えが良いので中のボールを入れ替えてもスリーブは使い続けてました。


a0093304_15211633.jpg



ディスタンス系の赤の他にスピン系の青もありました。イエローもあったかな??
キャップとボディの色の入った部分はステッカーで、全色同じスリーブで共用出来るように
なっていて、初めてのボール販売でちょっとおっかなびっくりな姿勢が見てとれます。


a0093304_1526418.jpg


テクノロジー面では「TCBC」=THIN COVER & BIG COREという薄皮饅頭のような謳い文句の他、
「モイスチュアブロック」という事が謳われています。スリーブの底に黄色っぽい
ウレタンのような板が入っていてそこにモイスチュアブロックという事が書いてあります。
ボールに品質変化をもたらす湿気を密閉性の高いスリーブを利用して防ごう、という
もののようです。底の板にどんな効果があるのかは不明です。
そういえばテーラーメードはグローブもなんだかこんな感じの入れ物に入れて売っていた事がありました。


a0093304_15323929.jpg


アディダスグループ入りしたのを記念してだったか、あるいはそれ以前に偶然作ったのかは
これまた記憶が定かでは無いのですが、アディダスの2種類のロゴがそれぞれ1ヶずつに、
サッカー日本代表のユニが残り1ヶにプリントされています。たぶん発売すぐではなく、
かなり経ってから残っていた在庫をノベルティに使ったものと思われます。
サッカーに詳しければどの時のユニフォームかわかるのですが、生憎不案内で申し訳ありません。


a0093304_15362187.jpg


ボールの分野においてテーラーメードは影が薄い存在です。知る限り一度もヒットを
飛ばしていません。(これは単に不勉強なだけかもしれません)
形状も大きさも、初速までが制限されている特徴の出しにくいブツではあるので、
新規参入組は大変だとは思います。加えてボールは特許関係ががんじがらめで、後発は
特許を保有している先発大手各社に頭を下げるか、あるいはOEMや買収で特許問題を
クリアしない限りは「ありきたりのボール」すら作るのが困難です。
それだけにテーラーメードがあえて虎の尾を踏むようなギャンブルに出た時はちょっと意外でした。
もっとも、先に書いたようにこのボールが出た時期は起死回生が必要な時だったのかも
しれません。あれはBURNER Tiとかいうチタンアイアンの頃だったでしょうか。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-06-01 15:42
2008年 03月 15日

KMC Subsideries 〜PINGの関係子会社

a0093304_19575288.jpg


1990年代前半時点でのPING=Karsten Manufacturing Corporationの関係会社です。
入社する時にもらう書類一式を入れたフォルダの袋の部分に書かれているものです。
つまり、子会社に入っても同じ書類を貰う、という事なのでしょう。
書類は就業規則だの福利厚生だの駐車場使用のルールだの…まあ世間の会社によくあるようなものでした。

子会社は内容に遠近はあるものの、基本的に本体=KMCの業務から派生したものばかりです。
無から新たに作ったものもあれば、既存の会社(発注先など)を買収したものもあります。
ゴルフクラブ作りに縁が深いのはキャスティングの工場DOLPHIN、熱処理のSONEEなどです。
DOLPHINはアイアン、パターのヘッドの鋳造を一手に引き受ける工場です。
クラブメーカー(昔も今も)でもヘッドの製造部門を自前でもっているところは
ほとんどありません。このあたりがピンのピンらしい所でもありました。
クラブの組み立てや仕上げに縁が深いのはKE (Karsten Engineering)です。
ここは本体の敷地内にあります。大きな工作機械を持つ工場で、ピン本体の工場の
治具やマシンを作る、という「外注しろよ、そんな事」なお仕事をしていました。
と言うものの逆に積極的に外注の仕事を受けて独立採算で食べている会社のようでした。
ちょうど湾岸戦争直後、大きな丸い金属の輪っかをいっぱい作っているのを
「あ、あれね・・・パ○リオットって知ってる?あれの胴体」と教えてもらった事が
あります。
ゴルフクラブに関係ないのがMOON VALLEY C.C. フェニックス市の北のほうのゴルフ場です。
カーステンさんの家はこのコース沿いにありました。3男ジョンは新居をこのコースの
横の小高い丘の上に建てました。ここは女子ツアーのSTANDARD REGISTER PINGの
会場でもありました。私がツアー担当の手伝いで会場にいた年はちょうど小林プロが
参戦してました。 現在このコースは確かTROONの傘下に入っていると記憶しています。
その他本社業務から派生したコンピュータサービスや、ゴルフ場の芝や給水システムの
Karsten Turfなど、関連会社はいやになるぐらいありました。それだけ儲かっていた、
という事と「自分でやったほうがうまく出来る事は自分でやる」というカーステンさんの
物作りに対する姿勢のなせる業です。
その後、本体のリストラと子会社の売却・分離という厳しい試練の風がグループに
吹くのですが、それはまた項を改めて。。。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-03-15 20:19
2008年 02月 16日

ADAMS Dixxパター 〜まじっすか?

a0093304_1559882.jpg


最初見た時はCGかコラージュの類だと思ってました。まさかマジだとは。。。

しかもそのへんの新興ベンチャーではなく、ADAMSという一応(失礼)名の通った
メーカーさんから出ています。そういえばTight Liesフェアウエーウッドがブレイクする
前のADAMS GOLFはカスタムフィティングを前面に出したブランドだったのを思い出しました。



a0093304_1625240.jpg


ディスプレイ画面の一例です。まあフィットネスクラブにあるトレッドミルとかバイク
とかランニングマシンにくっついてるようなヤツ、と思っておけば間違いないと思います。
リテール900ドル。。。まあ高いか安いかは使う人しだいでしょうね。
ショップさんやスクールで一本持っているとパターのフィティングやレッスンに使えて
良いかもしれません。
以前、iPodと感圧センサー等を使って手持ちのパターにこういうのをくっつける、
というアイデアを酔っぱらって話し合った事があります。結局「でも、パットはボール
の行方を見ればだいたいの傾向はつかめるからなあ・・・」という事でただのツマミで
終わってました。さすがアメリカ、やる人はやるもんです。



a0093304_1694546.jpg


アタッチメント式なのでくだんのシステムも取り外し出来ます。2ボールのような
パーツを付ける事も出来ます。一式セットで箱にはいってるようです。

900ドル(くどいようですが)・・・


a0093304_16124057.jpg


バナーじゃないのでクリックしてもサイトに飛びません。悪しからず

詳しい情報は「adams golf」で検索して米国ADAMSのサイトに出ていました。
(それを見るまでは「ガセ」かも?と半信半疑でした)
日本ではアメリカン倶楽部さんがたしかアダムスを扱っていらっしゃるようですが、
このパターもあるんでしょうか?
[PR]

by greishi_7146 | 2008-02-16 16:14
2008年 02月 14日

黒くしてみました2〜酒

a0093304_1044245.jpg


決算とそれに続く申告書類の作成がようやく一段落したので記念に外酒しました。
コの字の巨大カウンターのおやぢ店で酎ハイ3杯ほどひっかけたらいい気分になってしまい
そのまま二階のアイリッシュバーへ。
カウンターに人がいなかったのでケータイで一枚失敬しました。
ギネス「黒」とキルケニーをサクっと飲んでほろ酔いで帰宅。



a0093304_1081846.jpg


家で続きを。 こちらも「黒」霧島の一升瓶です。
焼酎とか日本酒は五合とか四合の瓶に入っていると「嗜む」という良いイメージですが、
一升瓶だと「呑兵衛」「酒に溺れているヤツ」というネガティブなイメージがある、
のは私だけでしょうか。 中身は同じなのに一升瓶だとちょいと後ろめたいです。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-02-14 10:15
2008年 02月 09日

Gun Blue 【AFTER】

先月ガンブルーのリペアに出したヘッドが帰ってきました。
(前回の経緯についてはこちらをリック



a0093304_14535727.jpg


「BEFORE」こんな感じでした。



a0093304_14544855.jpg


a0093304_14551145.jpg


9710です。もともとの状態がそれほどひどくなく、かつ目立ったキズがなかったので
かなり綺麗に仕上がっています。未使用の物と区別が難しいぐらいです。


a0093304_14564174.jpg



a0093304_145741.jpg


9707です。3つの中で一番状態が悪かったものです。ヘッド全体に食い込んだ赤錆と
大きなキズが目立っていました。


a0093304_14584158.jpg


リペア前です。特にフェースの赤サビはミリングより深く食い込んでます。


a0093304_14595285.jpg


リペア後です。食い込んだサビをリムーブする為にフェース全体をさらっている為、
ミリングマークがかなり薄くなっているのが判ります。
ガンブルーのリペアの場合、どの程度まで手を加えて良いか、というのが常に問題です。
キズやサビを取るには、場合によってはかなり大きく表面に手を加える必要があります。
しかしながら、それは同時にヘッドのオリジナリティを壊してしまう事でもあります。
今回、そのあたりの判断はお任せしました。お客さんの預かり物ではないので、こちらの
独断で「いいようにやってみて下さい」とのみリクエストしました。


a0093304_1545682.jpg


ガンブルーの技術だけでなく、パターを(ひいてはゴルフを)判っている人でないと
中々この「お任せします」は難しいのです。頼むほうにとってもやるほうにとっても。
今回のリペアをお願いした人は山本さんが全幅の信頼を寄せていた人です。
キャメロンのガンブルーパターのリペアを引き受けていた人でもあります。
頼れる兄貴分として私が何かに付け頼りにしている人でもあり、娘が通う英会話学校の
校長先生でもあり、ゴルフと体脂肪率がシングルなおじさんでもあります。
この「兄貴分」な人とその仕事っぷりについては書くとものすごく長くなるので
いずれまた書きたいと思います。



a0093304_15122228.jpg


最後の一つ、9712です。 これもややサビが強めに出ていましたが、ほぼ完璧に
レストアされています。手をあまり入れていないように見えるところが9707に較べ
多いのは前述した「オリジナリティを保つ」意識からだと思われます。
3つともに言える事ですが、ここまで戻ればリペアとしては上出来以上だと思います。
逆に言えば、9707のように、ここまで手を加えないといけない状態になってしまうと
大変だという事です。 ガンブルーのヘッドはサビます。これはある程度仕方のない
事だと思いますが、使う人の愛情次第でその程度は大きく異なってきます。
実際、使う人によっては何年もたつのにボディにはほとんどサビもキズもない、という
状態のパターに出会う事もあります。


a0093304_15182918.jpg


ゴルフという野外スポーツの道具なのでサビてもキズがついてもいいのかもしれません。
しかしながら、このリペアが終わった後の綺麗なヘッドを見れば、「もう錆びさせは
しないぞ」ときっと思うはずです。



a0093304_15203332.jpg


Before こっちのほうがいい、などと感じる人はほとんどいないと思います。

[PR]

by greishi_7146 | 2008-02-09 15:25
2008年 01月 24日

CUSHIN インサート 〜ピンアイアンのスチールシャフト

ゴルフショップオカムラさんのHPはPING専門ショップだけあってピンの情報が満載で、いつも楽しく見ています。 
メーカーサイト以外でこれだけ一つのブランドの情報をアップデートしている所は少ないと思います。

新製品や契約プロの情報の他、特集ページも楽しみの一つです。
今やっている「クッシン・インサート特集」はアイアンのスチールシャフトに入れる
オプションの「クッシンフィルタリングインサート」という衝撃吸収のパーツについての
トピックです。
懐かしくもあり、同時に今でもクッシンインサートがオプションとして残っている事に
少なからず驚きました。



a0093304_112169.jpg


肝心のインサートの説明や効果などについてはオカムラゴルフさんの特集ページ(クリックでジャンプします)に
とても判りやすくまとめてありますのでそちらをご覧下さい。
一言でいうとスチールシャフトの中にサヤエンドウのような物を入れて衝撃を吸収する、というものです。
重量はそのぶん重くなります。バランスポイントの位置にインサートを留める為、
スイングウェイトには影響しません(理論上は)



a0093304_1126626.jpg


手元にあったアイアンでは「ZZ65」と「JZ」の2種類にクッシンインサートが
採用されていました。 
お目見えは1997だったと思います。ISI-Sステンレスが発売(ISI-N,ISI-CU, ISI-Kより
かなり遅れて)された少し後にこのインサートが出てきました。
その後i3ではJZクッシンがデフォルト採用されたと記憶していますが、気が付いたら
オプションになり、そのまま記憶の彼方です。



a0093304_11321935.jpg


とても記事が面白かったので何か関連企画を、とご連絡したら早速プレゼントクイズを
作っていただきました。さすがプロの方は仕事が早いですね。
何か関連するものを、という事でクッシンのついた2番アイアンを一本提供させていただきました。
「超」マニアッククイズ 
プレゼントは抽選、との事なのでクイズの正解率には関係ないかもしれませんが、
とにかく問題がマニアックです。全問正解はまず無理、だと思います。
我こそは、という方はぜひ挑戦してみてください。
プレゼントのキャップがかなりカッコいいです。
[PR]

by greishi_7146 | 2008-01-24 11:55