THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 11日

I/C ANSER BeCu L/H

a0093304_10524912.jpg


復刻版スコッツデールアンサー、非限定バージョンのベリリウムカッパー素材の左用パターです。 
ブロンズよりやや暗い色、黄色よりも茶色が強いので区別がつきます。


a0093304_10554365.jpg


ブロンズ、ニッケルとともに計3種類の異なる素材で作られた復刻版アンサーですが、
たぶん流通量ではこのカッパーが一番少ないのではないかと思われます。
価格も真ん中ですし、ニッケルと違い他のモデルでもお馴染みのベリリウムカッパーですので
ちょっと有り難みというか、新鮮さが薄かったのでしょう。
その後ニッケルとともにすべてのカッパーのパターとアイアンの生産が打ち切られたので
皮肉にもこの復刻版アンサーではニッケルよりも希少性の高いものとなりました。


a0093304_10593716.jpg


左用なので少々違和感がありイメージを掴みにくいかもしれませんが、ブロンズや
ニッケルに較べて一回り小ぶりで丸みがあるように見えます。
「見えます」というだけで実際にはほとんどサイズは変わりません。膨張色系のニッケルや
ブロンズに較べ暗色系なのでしまって見える為です。
安定感のあるトップです。これが使い込まれるとさらにいい感じに沈んだ色になり、
グリーン上でヘッドを浮かび上がらせる視覚効果をもたらします。



a0093304_1145281.jpg


アンサーというモデルにベリリウムカッパーが存在したのはこの復刻版以前に一時期だけです。
1970年代にベリリウムカッパー合金の製造をしていたKBI社とその1部門である
CABOT(後に独立)の為に特注で作った、いわゆる「KBIアンサー」「CABOTアンサー」と
呼ばれるレアアイテムです。KBIは同じく伝説のKBIニッケルアンサーも存在します。
どちらも特注なので市販はされず、ニッケルが50本、カッパーは合わせて500本以下
の極めて少ない量だったと言われています。
これらのモデルはどちらもクレクターズアイテムで、出回っても非常に高価です。

市販されたベリリウムカッパーのアンサーとしてはI/C ANSERだけという事になります。
時々オークションや中古市場で見かけますが、「買い」ではないかと個人的には思います。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-11-11 11:21 | PING ANSER


<< T.P. Millsパターの証明書      閑話休題 〜ここまでやるとややくどい >>