THE BANK OF PUTTERS

putters.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 01日

CHIPO 〜最近復権の兆しのチッパー

PRGRさんが出してから少しだけ社会的地位が上がった「チッパー」というクラブ。
オデッセイからも発売されてますます再評価されていきそうです。



a0093304_19211540.jpg


昔からピンが作り続ける「チッポ」です。有名ブランドがこの手のお助けアイテムを
堂々とカタログに載せるのは珍しいです。昔DUNLOPさんが25°、35°のチッパーを
出していましたが、実はマーケットで売れているチッパーの大半は中小(失礼)メーカー
さんのものが圧倒的に多いのです。



a0093304_19243651.jpg


大別するとチッパーは「アイアン型」と「パター型」に分かれます。
もともとアイアンでのアプローチが得意な人はセットの中の適当な番手を使えば
いいので、チッパーはアイアン型で作らない、というのがセオリーです。
その点から言うと、ピンのチッポはあまり売りやすいクラブではありません。
廃番にならないのは、単にそうする必要もないからだと思います。
しかしながら、やはりアイアンの延長線上でアプローチショットを考える方には
この形状は合っているかもしれません。また、そういう方の為の「アイアン型チッパー」は
チッポぐらいしか現在では見あたりません。


a0093304_19273295.jpg


ロフトは大体5番と6番の間ぐらい、いわゆる「ジガー」ロフトに近いです。
転がし専門、という感じですね。 ブレードが長く、見た目に安心感がありますが、
やや方向が出しづらい顔です。一番下のスコアラインだけ白のペイントを入れる、
という工夫をしている人も見かけました。


a0093304_19302460.jpg


長さ35インチ(日本向けなので半インチ短いです)、重量437g、バランスC9+
ロフト上は歴とした「アイアン」に分類されます。昔チッポにピストルグリップを
付けて使っている方を見た事がありますが、それはルール違反なのでご用心を。
(いくら形がパターに近くても、オデッセイのチッパー=X-ACTも円形でないパター
グリップを使うと違反になります)


a0093304_19351464.jpg


ちなみにこのチッポについているグリップはこんなのです。
昔のEYE2やEYEの頃のグリップですね。。。古っ。

チッポは今でもちゃんと販売しているので注文すれば手にはいります。
オカムラゴルフさんのウェブショップでお求めになれます。
[PR]

by greishi_7146 | 2007-11-01 19:41 | IRONS/PING


<< SLE=スプリング効果  〜ルール      PING Stainless... >>